《機皇神マシニクル∞3》

効果モンスター
星12/光属性/機械族/攻 4000 /守 4000 
このカードは通常召喚できない。
手札から「機皇」と名のついたモンスター3体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、相手のシンクロモンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
また、自分のエンドフェイズ時に1度だけ、このカードの効果で装備したモンスター1体を墓地へ送る事で、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


機皇の名をもつ、通常召喚できないモンスターで、機皇帝と違い自らの効果で特殊召喚ができる最上級モンスター。機皇帝と同じシンクロモンスターを装備する効果と攻撃力上昇効果。それに加えエンドフェイズに相手に効果ダメージを与える効果を持つ。

自らの効果で特殊召喚ができるといっても、その条件は機皇帝よりも厳しい。手札の機皇を三体墓地へ送らなければならない。手札を4枚も消費してしまうので、除去されてしまうと厳しい状況となってしまう。《インフィニティ・ガード・フォーメーション》を使ったり、《機皇創世》で特殊召喚しよう。

切り札としての性能としてはそれなり。シンクロモンスターを使用するデッキには脅威となる。
このモンスターの攻撃によるダメージと、エンドフェイズに装備したシンクロモンスターを撃ち出す効果が決まれば最低でも相手は瀕死に陥るだろう。

他の機皇帝同様、相手がシンクロモンスターを使ってこなければバニラ同然となってしまう。このカードを最大限活用するなら自分もシンクロを行い相手フィールドにコントロールを移すギミックもほしいところ。

このカードの本来の名前は《機皇神マシニクル∞³》だが、三乗が見えづらいと判断されたのか、「∞3」となっている。

  • アニメにおいて
遊星vsアポリアにてアポリアが使用。《機皇創世》の効果で特殊召喚される。アニメではさらに手札から機皇帝のパーツを墓地へ送ることでその効果を得る効果も持っている。この効果で《グランエルG3》の効果を得て《シューティング・スター・ドラゴン》の効果を無効にしたり、《ワイゼルA5》の効果を得て倍の貫通ダメージを与えようとしたり、《グランエルT5》の効果を得て二度シンクロモンスターを吸収したりと、アポリアの戦術も相まって最強の機皇帝にふさわしい暴れっぷりであった。さらにアニメでは墓地の機皇帝のパーツを除外して自身の破壊を無効にする効果も持っている。
CGIのカードはOCGの《機皇神マシニクル∞》の効果をアニメの効果と一部交換したものとなっている。

関連項目