※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《スキエルA3》

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1200 /守0 
このカードが表側表示で存在する限り、自分フィールド上の「機皇帝スキエル∞」の攻撃力は1200ポイントアップする。
自分フィールド上に表側表示で存在する「機皇」と名のついたモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターはこのターン相手プレイヤーに直接攻撃する事ができ、与える戦闘ダメージは半分となる。 

自身の存在を条件に《機皇帝スキエル∞》の攻撃力を底上げする下級モンスター。スキエルA3と書いて「スキエルアタックスリー」と読む。
このカードを並べることにより《機皇帝スキエル∞》の攻撃力は3400にまで跳ね上がる。
スキエル本体共々、パワーとしては《機皇帝ワイゼル∞》《ワイゼルA3》の合計攻撃力と比べると見劣りするものの、
このカードには機皇専用の《マジック・ホール・ゴーレム》とも言える、直接攻撃権を付加させる能力も持ち合わせている。

《ワイゼルA3》と比べると自身が戦闘破壊されやすくなるリスクも《機皇帝スキエル∞》を出せない時点での頼りなさも増してしまった。
が、代わりにリクルーター、サーチャーに対応する攻撃力である点が《ワイゼルA3》とは一線を画す。
《ドラゴンフライ》の自爆特攻から《機皇帝スキエル∞》の強化に繋げつつ攻撃に移れるのはこのカードのステータスがあってこそ。

《ワイゼルA3》と違い、自己特殊召喚を備えていない。
《スキエルC3》と同様にこのステータスでは《地獄の暴走召喚》とのコンボが危険だと危ぶまれたのだろうか。

直接攻撃権を付与する対象は《機皇帝スキエル∞》だけではなく、機皇と名のつくモンスター全体を含むサポートとなっている。
手軽な下級である機皇兵から、圧倒的な攻撃力を誇る《機皇神マシニクル∞3》まで手広い範囲の援護を行うことができるため、発動機会に困ることも少ないだろう。
系統の違う機皇帝をサポートできるという点は原作におけるプラシドの好き勝手パーツの換装、すなわち機皇帝自身が持ち得るロマンを如実に再現できるという意味でもある。


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ5D's「龍亞&龍可vsルチアーノ」にてルチアーノが使用。
罠カード《スカイA3》の効果によって《スキエルA》をリリースして特殊召喚される。
特殊召喚後即座に《スキエルA5》のリリースとして墓地に送られたため、効果は発動していない。

  • コナミのゲーム作品において―~
TAG FORCE5でオリジナルカードとしての登場を果たした。
ゲーム内での効果は以下の通り
効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1200/守   0
このカードは自分フィールド上に存在する「スキエルA」1体をリリースし、手札から特殊召喚することができる。
フィールド上に「∞」と名のついたモンスターが表側表示で存在しない場合、このカードを破壊する。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動することができる。
選択したモンスターはエンドフェイズ時まで攻撃力が半分になり、このターン相手プレイヤーに直接攻撃することができる。

このテキストを原型として要望されたものが、現在のCGI版《スキエルA3》となっている。


関連カード