《陽だまりの娘 綾瀬香純》

通常魔法
自分の墓地またはフィールド上に存在する「超越する人の理 藤井蓮」「狼を司る者 遊佐司狼」「黒円卓第五位"獅子心剣"櫻井螢」1体を選択し、次の効果からどちらかを選択して発動する。
●:選択したモンスターを自分のデッキの一番上に戻し、そのモンスターの攻撃力分、自分のライフポイントを回復する。
●:選択したモンスターは次の相手ターンのエンドフェイズ時まで、戦闘によっては破壊されない。

「ここで待ってるから、帰ってきてよ」 

1月第三週パック「Acta est Fabula」にて実装された通常魔法カード。
自分の墓地またはフィールド上に存在する《超越する人の理 藤井蓮》《狼を司る者 遊佐司狼》《黒円卓第五位”獅子心剣”櫻井螢》1体を対象とし、デッキトップに戻すことでライフを回復、あるいは相手ターンまでの戦闘破壊耐性を付加という二つの効果を持つ。

第一の効果は、対象カードをデッキトップへ戻しライフを回復するというもの。
一応場のカードを戻すこともできるが、モンスターゾーンを開ける必要がある場合などを除いて基本的に墓地の対象カードをサルベージする目的で使うことになるだろう。
ただしその目的で使うにしてもデッキトップへのサルベージのため単純に発動しただけではディスアドバンテージになってしまい、ライフを回復できることを考えても少々使いづらい。
とはいえ《超越する人の理 藤井蓮》は回収手段に乏しいので、遠回りながら墓地に落ちてしまったのを回収できるのは優秀であるといえる。
《デーモンの宣告》と組み合わせればライフコストを確保しつつ即座にサルベージしたカードを手札に加えることができるが、流石にこのカードとのコンボのためだけに投入するのは難しいか。
あるいは【天変地異コントロール】の要素を取り入れたり、《超越する人の理 藤井蓮》が装備魔法に関する効果を持つことに着目し《超妖怪弾頭 河城にとり》と組み合わせてみるのも面白いかもしれない。

第二の効果は、対象カードに次の相手ターンまでの戦闘破壊耐性を与えるというもの。
墓地のモンスターに戦闘破壊耐性など与えられないので、こちらの効果は場の対象カードを指定することになる。
自分のモンスターを守るカードには様々な物が挙げられるが、このカードの場合即時発動ができ、次の相手ターンまで効果が持続するという長所がある。
自分ターン中に同じ攻撃力を持つ相手モンスターに攻撃してこちらだけが生き残るという《正々堂々》のような使い方を行った後、返しの相手ターンでの反撃もある程度防御できる、といった具合である。
もっとも単純に防御カードとして使うならば奇襲性がありダメージも防ぐことが出来る《和睦の使者》や《威嚇する咆吼》があり、発動のために対象となるカードが必要なことからやはり汎用性は低い。

二つの効果を使い分けることが出来るため臨機応変に扱うことができるが、その効果はいずれも使いこなすのには一考を要するカードであるといえる。

このカードは《最後の物語 藤井蓮》の特殊召喚の条件の一つであり、対象となるカードさえあれば即座に墓地に送れるのは哀しいが便利ではある。
《最後の物語 藤井蓮》のため、と割り切るならば《マジカルシルクハット》でデッキから直接に墓地に送っても良いだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
PC用ゲーム「dies irae」にて登場するキャラクターの一人。

本編のヒロインの一人であり、主人公・蓮の幼馴染でクラスメイト。蓮が望む日常の象徴であり、彼にとっての陽だまりのような人物。

勝気でテンションが高く友人も多いため学園では人気者で、学園の表ミス。
剣道部の主将も務めており、その腕前も全国でも上位に入る実力と、周囲からマイナスイメージを抱かれている蓮とは反対の意味での有名人。
幼馴染である蓮や司狼に対してはおせっかい焼きで面倒見がよいが、そのしつこさから時折「バカスミ」などと呼ばれ煙たがられている。
とはいえ彼らもその優しさに様々な部分で救われており、心の内では感謝されていた。

蓮の望む「日常」を象徴する人物であり、黒円卓が有するような特殊な技術などは持たない。
しかし自身も知らない出生の秘密から、黒円卓が巻き起こす闘争の波に巻き込まれてしまうこととなる。

ある意味で全編通して蓮に最も大切にされているヒロインであり、蓮が黒円卓との闘いに身を投じる決意を付けるきっかけとなるなど、非常に重要なポジションに居るキャラクター。
……なのだが、蓮の彼女に対するスタンスが一貫して「戦いから遠ざける」のため、どうにもこうにも蚊帳の外であり出番が少なめ。
勿論ここぞという時には見事なアシストを決めてくれたりとヒロインとしての活躍も用意されているのだが、様々な場面でシナリオ上の割を食っており色んな意味で不遇なヒロインだったりする。