《Sin レインボー・ドラゴン》

効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻 4000/守  0
このカードは通常召喚できない。
自分のデッキから「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」1体をゲームから除外した場合にのみ特殊召喚できる。
「Sin」と名のついたモンスターはフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
このカードはリリースできない。
このカードが表側表示で存在する限り、自分の他のモンスターは攻撃宣言できない。フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合このカードを破壊する。

闇属性・ドラゴン族の最上級モンスター。
Sinの共通効果に加え、リリースできなくなっている。

OCGと違い、手札の《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》をコストとして使うことができなくなっている他、《偉大魔獣 ガーゼット》のアドバンス召喚に使われなくするためかリリースできなくなっている。
また、他のSinとは違い正規の方法で召喚しても蘇生制限が満たされない。

リリースできないのは相当厄介であり、他のSinであれば行える上級モンスターや《バーストブレス》による墓地肥やし、手札の後続展開に繋げることができない。
序盤に引き込めれば相手にとって相当な威圧感を植えつける反面、デッキの回転率が鈍ってしまい結果として相手の戦術の円熟を黙って見過ごさなければならなくなるのが辛い。

守備力が0であるため、表示形式の変更にもかなり弱い。

しかし、それでもすぐさま出せる攻撃力4000のモンスターはかなり魅力であり、デッキもそう簡単に攻撃力では負けなくなる。
《Sin パラドクス・ドラゴン》を維持するためのSinの種類が増えたと捉えることもできるし、《Sin パラレル・ギア》にも対応している《悪夢再び》で再利用できる。
最もサルベージについては召喚条件を考えると有効に活用できるとは言い難いところがあるのだが。

他には、【宝玉獣】での採用も見込める。《虹の古代都市-レインボー・ルイン》は破壊されにくく相性が良い。
こちらのデッキは基本攻撃力の高いモンスターは少ないため、入れておけば戦闘面でも多少強化されるだろう。

  • 映画において