※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《呪念の化身 ウルボヌス》

効果モンスター
星5/闇属性/爬虫類族/攻 2000/守 800
このカードと戦闘を行うモンスターの攻撃力・守備力は、ダメージステップの間のみ300ポイントダウンする。 

漫画版遊戯王GXのTRUN-20「決勝トーナメント開始!!」において、オベリスクブルー3年生の小日向星華が使用したモンスターである。
《ブラックマンバ》とともに、《E・HERO ボルテック》や《ライオウ》といった強力なモンスターを戦闘破壊している。

実質的な攻撃力は2300と、貫通能力を持つ攻撃力2400の《バイトロン》にも、Aカウンターを乗ったモンスターを破壊したときにコントロールを得ることができ、同じ闇属性である攻撃力2300の《エーリアン・マザー》にも劣るモンスターに見えるが、実はまったく違う。
このモンスターは爬虫類族モンスター召喚共通のサポート《ダメージ=レプトル》において、実質の攻撃力である2300よりも300ポイント少ないダメージでも特殊召喚できるのだ。
さらに、自分のLPが2300の場合、上記のモンスターの攻撃では相手の《魔法の筒》によって敗北してしまうが、このモンスターにはそれがない。
《連鎖破壊》にも対応しているため、爬虫類族上級モンスターを墓地に送りたいが《スネーク・レイン》では物足りないという時にも活躍する。
これらのことからも、咲夜において《スネーク・レイン》による《ダーク・アームド・ドラゴン》召喚のデッキでは《エーリアン・マザー》よりもこちらを選ぶのが賢明と言える。
《ブラックマンバ》《猛毒マムシ》等、咲夜では闇属性の爬虫類族モンスターが多く存在するため、上記の戦術を使いやすい。



ふざけてすいませんでした^q^フェザーマンのコピペみたいなの作りたかったけど難しいNE