※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《終焉の騎神 ラグナ・ロック》

効果モンスター
星10/光属性/岩石族/攻 3200/守 2800
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する風属性または光属性モンスターを合計3体リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
「鉄騎皇イグドラシル」をリリースしてこのカードを特殊召喚した場合、自分のライフを3000ポイント回復する。
このカードは風属性モンスターとしても扱う。
このカードの特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターを全て表側守備表示にする。
「鉄騎皇イグドラシル」をリリースして特殊召喚されたこのカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の全てのモンスターは相手のモンスターカードゾーンに守備表示モンスターしか存在しない場合、
相手プレイヤーに直接攻撃できる。 

モンスター3体をリリースして召喚できる特殊召喚モンスター。
その際リリースするカードは風または光でなくてはならず、他の3体リリースして特殊召喚するモンスターより扱い辛い。
また、3体リリースして特殊召喚するだけでは相手だけの《進入禁止!No Entry!!》の効果しか得られないためこのカードの本領は発揮されない。
このカードの最高性能を発揮するにはやはり《鉄騎皇イグドラシル》から転召した場合に発揮される効果だろう。
このカードが存在する限り、相手の守備モンスターはバトルスピリッツの疲労状態のように扱われ、防御に参加することが出来なくなる。
つまり、自分は守備表示のモンスターを越えてダイレクトアタックすることが出来るようになる、それも「自分の全てのモンスター」がである。
更には召喚時に発動する「相手のモンスター全てを守備表示にする」効果によって召喚したターンのダイレクトアタック効果の発動はほぼ確定するのである。
しかし、《鉄騎皇イグドラシル》を含めて召喚するのは少々困難である。
光・風属性のトークンを生み出すカードは少なく、《ダンディライオン》は使いやすいものの光属性でないため《鉄騎皇イグドラシル》の効果により召喚時のリリースには出来ない。
また、《鉄騎皇イグドラシル》を通常召喚する時に発動する効果も、このカードの召喚に限って言えば非常に相性の悪い能力となる。
展開しやすいカードは基本的に攻撃力が低く、攻撃力1000以下のモンスターを手札に戻すと言うのは、それらのモンスターが対象となってしまい、折角展開したモンスターを維持出来ず召喚に繋げられない。(尤も、守備表示で召喚してからリリースすればいいのだが。)
とは言え、《鉄騎皇イグドラシル》自体に関しては何も召喚制限はかかっておらず、その耐性から場持ちが効くカードであるため、場に低攻撃力モンスター展開を行った後の特殊召喚や、イグドラシルで戦いつつこのカードのリリースモンスターを展開して召喚、等を行う分には全く問題がないため、早いターンから速攻召喚を狙っていくより、ターンを跨ぎながら奥の手としての降臨を中盤~終盤あたりに狙っていくと良いだろう。
ただし、召喚するタイミングについては細心の注意を払う必要がある。
このカードには《鉄騎皇イグドラシル》と違い、カード効果耐性は一切持ってないのである。
相手が《鉄騎皇イグドラシル》に使用できなかったミラーフォースや、激流葬、さらには《サンダーブレイク》等の除去の的になってしまう。

最初に本領は発揮されないと述べたが、このカード自体は《鉄騎皇イグドラシル》なしでも召喚することが可能な点にも注目したい。
ダイレクトアタックでのワンショットは出来ないものの、その表示形式変更効果で戦闘破壊を狙える。
また、その攻撃力も3200と最上級モンスターのラインは超えているため、攻撃力も申し分ないだろう。
相手の3200以上の攻撃力を持ったモンスターでも守備にすれば守備力3200を越えるモンスターはほとんど存在しないため、攻撃力で超えられてもに戦闘破壊できる。
しかし、召喚時の効果しかないため、1ターン防がれるだけでバニラモンスターと大差ないカードとなってしまう。
可能な限り《鉄騎皇イグドラシル》での転召を狙いつつ、使い分けていこう。

相手の伏せには細心の注意を払いつつ《鉄騎皇イグドラシル》での転召で召喚されたこのカードは正に終焉の騎神と言えるエンドカードとなるだろう。



原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツ少年撃覇ダンにおいてダンのライバルであり白の光主、百瀬勇貴の最後の切り札。ダンの《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》と同等のポジションと言える。
妹百瀬華実との 禁断の愛 想いが強くなり、その結果で生まれた命の結晶のスピリット。緑と白の混色Xレア。
初登場時にはこのカードと《翼神機グラン・ウォーデン》《天帝ホウオウガ》を並べこのカードの効果でがら空きになった相手にこのカードのレベル3効果を使うまでもないくらいの超オーバーキルを叩き込んだ。
その後も登場するが、《超神星龍ジークヴルム・ノヴァ》や《幻羅星龍ガイ・アスラ》に(主人公とラスボス相手だから仕方がないとは言え)敗北している。
その次回作バトルスピリッツブレイヴでは華実の生まれ変わりフローラと勇貴の生まれ変わりゾルダーが使用する。
ダン相手に召喚されるが、いずれもアポロに戦闘で破壊される。悲しい。
最終的にフローラとゾルダーはこのカードによって巡り会いお互い前世の記憶を思い出したりはしないものの、幸せに暮らせる場所を手に入れた。めでたしめでたし。
百瀬勇貴の召喚時の台詞は初登場時「穢れた世界に終わりを齎し 未来に希望を繋ぐ再生の神が 今 ここに降臨する 転召 終焉の騎神ラグナ・ロック召喚!」
それ以降は「緑の力!白の力! 溶け合い雄々しく奮い立て!終焉の騎神ラグナ・ロック召喚!」と宣言する。
ゾルダーは「緑と白の力よ!溶け合い雄々しく奮い立て!終焉の騎神!ラグナ・ロックを召喚!」と少し変更されている。

  • 関連カード