《アーマード・ホワイトベア》

効果モンスター
星4/水属性/獣族/攻 1800/守 1400
このカードが効果によって破壊された時、自分のデッキまたは墓地から「レグルス」1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。


2011/03パック「新たな伝説のデュエル」で実装された水属性・獣族の下級モンスター。
カード効果によって破壊された時、デッキまたは墓地から《レグルス》を特殊召喚できる誘発効果を持つ。

下級アタッカーとして及第点の攻撃力を持ち、効果破壊によって別の下級モンスターを特殊召喚でき、アドバンテージを失わないというモンスター。
しかしそれ以外に効果はなく、あえて相手がこのカードを効果破壊してくれるという可能性は低いだろう。
また、特殊召喚対象である《レグルス》はお世辞にも強力な効果を持っているとは言えず攻撃力もこのカードよりも低いため、このカードで打開できない状況を突破してくれるという期待は持てない。
あくまで効果破壊時の保険、壁やリリースモンスターを生成する効果と考えておいた方が良いだろう。

相手によって破壊される必要はないため、こちらからの自発的な効果によっても効果を発動できる。
とはいえ上述の通り、特殊召喚されるのはあくまで《レグルス》であるため、わざわざこの効果発動を狙ってこのカードを破壊してもうまみは少ない。
《つり天井》や《激流葬》など全体除去カードに巻き込む事で追撃用のモンスターを召喚する、などしてやると有効に働くだろう。

獣族という事で《野性解放》とのコンボも考えられる。 このカードに使用すれば攻撃力が3200まで上がり、エンドフェイズ時にその効果により破壊されても《レグルス》を特殊召喚して壁役を失わず相手ターンを迎えられる。

獣族、効果破壊という事で《森の番人 グリーン・バブーン》と相性が良いように見えるが、破壊時にこのカードの誘発効果が挟まってしまうため
《森の番人 グリーン・バブーン》の効果はタイミングを逃し発動できない。このカードの破壊で2体のモンスターを特殊召喚できるようなうまい話はないので注意。

  • 原作・アニメにおいて
アニメ遊戯王5d's、ジャック&龍亞&龍可VSアポリアにおいて龍可が使用。
壁役として召喚されたが特に目立った活躍もないまま戦闘破壊され退場してしまった。(よって本編中では効果も使われていない)