※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《OZ-13MSX2 メリクリウス》

効果モンスター
星4/炎属性/機械族/攻 1500/守 1600
このカードがフィールドに表側表示で存在する限り、
相手は「ヴァイエイト」と名のついたモンスターを攻撃対象に選択できない。
このカードが相手のターンに戦闘を行う場合、そのダメージステップ時に発動する事ができる。
1000ライフポイントを払う事で、
このカードの守備力はダメージ計算時のみ1000ポイントアップする。 

オリジナルカード三期で登場した炎属性・機械族の下級モンスター。
《OZ-13MSX1 ヴァイエイト》を攻撃から守る効果と、ダメージステップ中に守備力を上昇させる誘発即時効果を持つ。

相手ターンに効果を発動できない《OZ-13MSX1 ヴァイエイト》にとって、一番目の効果はありがたいものではある。
しかし、このカード自身は破壊耐性を持ってない上、このステータスでは長持ちはしないだろう。
そこで二番目の効果を使いたいところだが、この効果は自身が守備表示になっていないと意味がない。
召喚時に守備表示に出来る何らかのギミックがほしいところだが、このカードのためだけにそこまでする価値があるかは疑問。
発動するためのコストも馬鹿にならないので注意。

  • 攻撃力が1500なので、《クリッター》、《UFOタートル》、《ユーフォロイド》からサーチすることができる。
しかし《ユーフォロイド》も《UFOタートル》もサーチした場合は表側攻撃表示で召喚されてしまう。

効果発動時メッセージ「 メリクリウスはプラネイトディフェンサーを展開した!
相手がヴァイエイトを攻撃対象にした場合(メリクリウスがヴァイエイトの前面に立った)と、メッセージが出て攻撃出来ない。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ「新機動戦記ガンダムW」に登場する架空の兵器。
2機1組での連携運用を前提とし、「最強の矛と盾」という極端な設計思想の元開発された機体だった。その思想はモンスター効果として受け継がれている。
ちなみに、外伝作品「新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT」では《メリクリウス・シュイヴァン》という発展機が登場している。

関連カード