《ワンスルー》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する武将族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
その攻撃を無効にして、攻撃モンスターの攻撃力1000ポイントごとに1つ、自分用士気カウンターを増やす。
その後、自分のライフに500ポイントのダメージを受ける。

武将族を攻撃から守り、士気ターボを行うことができる罠カード。

同じく相手の攻撃からモンスターを守る《アストラルシフト》とは異なり、自身が受けるダメージが500ポイントに固定されている。
このため、魅力持ちの武将など、「攻撃力は低いが攻撃表示で出したい」カードを守るのに便利である。

  • 原作(三国志大戦)において―
相手の攻城を あえて 妨害せず、通してやる戦術のことを「ワンスルー」と呼ぶ。
  • 味方部隊の兵力が少ない、あるいは足並みが揃っていない
  • あと少しで士気が溜まりカウンターを狙える
  • 相手の号令、強化がもう少しで効果終了する
などの場合によく行われる行為である。
初心者は目先のダメージに気を取られ部隊に無理をさせがちだが、全体の流れを考えると攻城1回は許容してカウンターを狙った方がいい場合が多い。