《風神の氷精チーム》

融合モンスター
星7/風属性/水族/攻2600 /守1900 
「里の天狗 射命丸文」+「氷精チルノ」
このターン内に召喚・反転召喚・特殊召喚された、自分フィールド上に存在する元々のカード名が上記のカードをデッキに戻した場合に、
エクストラデッキからのみ特殊召喚が可能。
このターンに効果を使用していないこのカードが、アイスカウンターの乗ったモンスターを戦闘で破壊して墓地へ送った場合、
もう一度だけ続けて攻撃する事ができる。
1ターンに二度まで、次のどちらかの効果を発動できる。
●フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体にアイスカウンターを1つ乗せる。
●フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体にアイスカウンターを2つ乗せる。
この効果は1ターンに一度しか発動できず、この効果を使用するターン、このカードは攻撃できない。

第二回WSGP開催期間中に実装された、風属性・水族の
召喚直後の《里の天狗 射命丸文》《氷精チルノ》を使った特殊な融合モンスター。

効果は複雑であるが、ターン内に取れる行動をまとめると以下の通りになる。
状況によってアイスカウンターを乗せる、連続攻撃を行うなど臨機応変に対応できるため召喚に成功すれば【アイスカウンター】では非常に有効に働く。
流石に1ターン内にアイスカウンターを乗せつつ連続攻撃を行う等と言った芸当は出来ないが、他のカードによって乗せた場合はその限りではないので、もう1枚《氷精チルノ》を容易したり、《フリージングコフィン》を用いる事で、瞬く間に相手モンスターを全滅させる事が出来る。
連続攻撃の威力がより高くなるため、どちらかと言えば《絶対氷壁》との相性が良いが、毎ターン大幅に攻撃力を上げる事が出来るため《コールドディヴィティニー》軸の【アイスカウンター】でも十分活躍が期待できるだろう。

融合素材となる《里の天狗 射命丸文》は特殊召喚モンスターであり、またもう片方の融合素材である《氷精チルノ》はリクルート・サルベージ共に容易な下級モンスターであるため、これらのカードを揃える事はさほど難しくは無い。

しかしながら、これらのカードの相性は決して良いとは言えない。周知の通り《氷精チルノ》【アイスカウンター】におけるキーカードであるが、《里の天狗 射命丸文》の召喚条件を満たすには《里の天狗 射命丸文》以外にも複数の風属性モンスターを採用する必要がある。しかしアイスカウンターに関連したカードに風属性モンスターは存在しないため、ただでさえ構築が難しい【アイスカウンター】にシナジーの薄い風属性モンスターを大量に投入する事は自殺行為であるため、「アイスカウンター関連のカード」「風属性モンスター」「その他必要なカード」の絶妙なバランスを見つけなければならないのだ。
加えて、風属性モンスターにあまり汎用性の高いカードが存在しないと言うのも問題である。

だが、それは逆に構築パターンが似たり寄ったりになりがちな【アイスカウンター】に風属性モンスターを投入する事によって、それぞれ違った【アイスカウンター】を作る事が出来るという事でもある。運用の難しいこのカードをどう活用するか、決闘者の腕の見せどころと言ったところだろうか。

起動効果の使用時、
アイスカウンターを1つ乗せる効果は 凍符『マイナスK』!
アイスカウンターを2つ乗せる効果は 雹符『ヘイルストーム』!
と表示される。

  • 原作・二次創作において―~
「東方Project」におけるカップリングの一つ。 ・・・百合がどうのこう言う人は申し訳ありませんがお引き取りください。

昨今の作品では《里の天狗 射命丸文》《氷精チルノ》共に《念写記者天狗 姫海棠はたて》《大妖精》と言ったパートナーが存在するため、このCPはなかなか支持されないのが現実である。
それだけならまだしも、昨今は《里の天狗 射命丸文》はロリコンである、等と言った二次設定が定着してきているため、このCPを「ロリコン属性を持つ文が、チルノを追い掛け回す」というネタにのみその姿を現すようになってしまった。真に遺憾である。
だが、「東方風神録」発売前、《里の天狗 射命丸文》にはこれと言ったパートナーがいなかったため、「東方花映塚」にて絡みが多かった《氷精チルノ》とのこのカップリングは、メジャーとはいかずともファンには認知されていたのである。
故に私は言いたい。お願いだから、このCPを認めずともせめて「ロリコンとそれに追われるチルノ」、という認識はやめてもらいたい、と・・・

関連カード