※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《ブレイヴフラッシュ》

このカードは自分のターンにのみ発動できる。
自分フィールド上に表側表示で存在するブレイヴ可能モンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターにブレイヴ可能なブレイヴモンスター1体を手札から特殊召喚し、
選択したモンスターに装備させる。 

3月パック「新たな伝説のデュエル」で実装された新テーマ【ブレイヴ】サポートカード
特殊召喚のためブレイヴの召喚時効果は使えないが召喚権を使わず、リリースの必要もなしにブレイヴ出来るため非常に奇襲性のあるカードであるといえる。
ブレイヴは後一手召喚権が足りなくてブレイヴ出来なかったり、リリースが足りなくて手札に揃っていても召喚できないことも多く、種族、属性も統一されていないため、召喚サポートが非常に難しかったため、このカードの存在は非常に在り難い。
また、《侵されざる聖域》がある状態でこのカードを使えば、相手の除去カードを不発にさせることも出来る。

ただ、ブレイヴ可能モンスターが存在しないと発動自体出来ず腐り、このカードを使いブレイヴすると1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうことには気をつけよう。




  • 原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツOCGでの効果は
マジック
3(3)/緑
フラッシュ:
自分のスピリット状態のブレイヴ1体を、自分のスピリット1体に合体させる。
この効果は、ブロック宣言後のフラッシュタイミングで使えない。
と言う効果で、バトルスピリッツブレイヴ28話にて登場
ブレイヴキラー、ブレイヴを分離させる冥王神獣インフェルド・ハデスとブレイヴしたカードを疲労させる闇の聖剣のコンボによってブレイヴが封じられたダンはこのカードによって疲労したタイミングでブレイヴし、コンボを破り、《太陽神龍ライジング・アポロドラゴン》に武槍鳥スピニード・ハヤトをブレイヴし、その効果により勝利した。
しかし《太陽神龍ライジング・アポロドラゴン》指定アタック効果でブロック宣言前のフラッシュタイミングがないため使用出来なかったりする。