《妖怪 馬頭鬼》

効果モンスター(制限カード)
星4/地属性/獣戦士族/攻 1700/守 800
墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分の墓地から「妖怪」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。 

 咲夜オリジナルカード第一期で登場した地属性・獣戦士族の下級モンスター。
 自身をコストとして除外し妖怪の名を持つモンスターを完全蘇生する起動効果を持つ。

 妖怪の多くは墓地から蘇生したときにその真価を発揮するために、【妖怪】やその派生デッキにおいてこのモンスターは要として機能する。
 《おろかな埋葬》によるサーチが有効かつ容易であり、【妖怪】ではデッキ圧縮+専用の死者蘇生にして運用できる。
 《異次元からの埋葬》は死者蘇生乱造機と化すことだろう。

 また、1700という決して低くない攻撃力を持ち、下準備なく手札から場に出す場合であれば下級の妖怪の中で最大の為、アタッカーとしても運用が可能。


2009/03/01、OCGの改訂に合わせた制限改訂により制限カードに。
OCGでも【シンクロアンデット】の大流行により《馬頭鬼》が制限となったため、これに同調して制限となってしまった。
【妖怪】デッキには大きな痛手となり、今までのこのカード頼みの戦略は取り辛くなったと言える。

  • 補足



  • 原作・アニメにおいて―~
説明など



関連カード

  • 《馬頭鬼》