《妖怪 酒呑童子》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 1500/守 800
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、このカードの攻撃力は800ポイントアップする。 

咲夜オリジナルカード第一期で登場した、地属性・戦士族の下級モンスター。
妖怪の名を持ち、墓地から蘇生された時に自身の攻撃力を上昇させる効果を持つ。

 他の妖怪と同様に基本ステータスは低めだが、自身の攻撃力を上級クラスまで上昇させる効果を持つ。
 【妖怪】においては上級モンスターを差し置いて実質的な攻撃力が最大であるため、攻め入る時のエースとして活躍できる。
 ただし、守備力は上昇しない為表示変更に弱かったり、《月の書》などでリセットされると攻撃力が戻ってしまったりと脆いところ多い。
 効果も攻撃力上昇に限られているので、攻勢時には貫通能力を持つ《妖怪 九尾の狐》と使い分けていきたい。

 また、妖怪においては実質最強といえど、上級モンスターのボーダーの2400ラインに攻撃力が届いていないので過信はしないように。
 《妖怪 一反木綿》《妖怪 カラス天狗》の援護を受けながら慎重に運用しよう。 
 《妖怪 カラス天狗》とは《増援》のサポートを共有しているので、両者を手早く墓地に揃えてしまうこともできる。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画GXの万丈目VS三沢戦にて三沢が使用。
原作では攻撃力の上昇する効果は2000と《ジェネティック・ワーウルフ》と同じとやや物足りない数値だった。
《ドラゴン・メイル・ナイト》に撃破されるも《怨霊の執念》によって墓地から特殊召喚された。

関連カード