《妖怪 カラス天狗》

効果モンスター
星3/風属性/戦士族/攻 1400/守 1200
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し破壊する。 

 咲夜オリジナルカード第一期で登場した風属性・戦士族の下級モンスター。
 妖怪の名を持ち、自身が蘇生するのと入れ替わりにモンスター一体を破壊する効果を持つ。

 墓地から蘇生したときにその真価を発揮する妖怪の筆頭的存在。
 展開力、ドロー加速に優れる代わりに打点に不安の残る妖怪にとってなくてはならない存在。

 また、妖怪専用の蘇生カードはアドバンテージに優れており、このカードの誘発効果と合わせてアドバンテージを荒稼ぎすることができる。
《怨霊の執念》は特殊召喚にのみの対応だが擬似《落とし穴》の働きをした上でアドバンテージ+1、《妖怪 馬頭鬼》から蘇生した場合は実に+2ものアドバンテージである。

 ただし、このカード自身のステータスはリクルータークラスでしかないので、《もののけの安息》でドローに変えてしまうなり
《妖怪 九尾の狐》のアドバンス召喚の為にリリースしてしまうなりして、いつでも蘇生できるように墓地に待機していて貰おう。

 このカードを引けないと【妖怪】やその派生デッキは苦しい展開を強いられることになるが、基本的に墓地に一枚存在すればよく、このカードは戦士族であるので、《増援》でサーチしてしまうのも手。
《増援》はもし余ってしまったとしても、同じく戦士族であり妖怪のアタッカーである《妖怪 酒呑童子》をサーチすることができる。
ついでに、準制限カードであり二枚までしか入れられない《おろかな埋葬》を他の妖怪に使う余裕ができる。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画GXの万丈目VS三沢戦にて三沢が使用。
《ドラゴン・メイル・ナイト》に撃破されるも《もののけの巣くう祠》により墓地から特殊召喚された。
自身の特殊効果により《タスク・ドラゴン》を破壊している。



関連カード