《サイバディ・アレフィスト》

儀式モンスター
星6/地属性/獣族/攻 2150/守 1900
「電気柩」により降臨。このカードは1度だけ戦闘で破壊されない。
このカードは相手モンスターに攻撃する場合、ダメージステップの間攻撃力が700ポイントアップする。
このカードは相手モンスターに攻撃される場合、ダメージステップの間攻撃力が700ポイントダウンする。

「貴様ァァ銀河美少年かあああ!」


5月第二週パック「夜明けの鐘」で要望実装された「サイバディ」の名を持つ地属性獣族の儀式モンスター。

1度限りの戦闘破壊耐性と戦闘時に攻撃力が上下する効果を持つ。

記述された攻撃力は2150と《サイバー・ドラゴン》に辛うじて勝てる程度だが、自身の効果によりモンスターへの攻撃時は2850まで上昇するため、多くの最上級モンスターにも対抗可能となる。
逆に攻撃を受ける場合は攻撃力が1450まで下がってしまうため、下級モンスターにも撃破されかねない。

《サイバディ・ページェント》と異なり、1度儀式召喚すれば蘇生・帰還が可能である。
獣族には強力な蘇生効果を持つ[[《エアーズロック・サンライズ》]が存在するため、「サイバディ」にこだわらず【獣族+儀式】などを組んでみるのも面白いだろう。


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」に登場する、サイバディと呼ばれるロボットの一体。
大型の体躯に、頭部と肩から生えている牛のような角が特徴。必殺技は、高速で突進し肩の角で貫く「バッファロー・クラッシュ」。
タウバーンに格闘戦を挑んだが肩の角を落とされた上、裏拳打ちで顔面を破壊され、機能停止。
タウバーンと初めて戦ったサイバディである。
最終話で復活し、バッファロー・クラッシュでレシュバルを破壊するものの、キング・ザメクの王の柱の前に敗れた。
浮かび上がるフェニキシア文字はアレフ(雄牛)。

搭乗者は、綺羅星十字団第5隊フィラメントに所属するレイジングブル。
第1フェーズの能力で瞬間移動が可能。ボクシングの腕も合わさって高速の近接戦闘を得意としており、生身での白兵戦ではタクトを圧倒した。
しかし、サイバディでの戦いでタクトに敗れ、スタードライバーの資格を剥奪された。
その後は綺羅星十字団としての活動を休止していたようだが、スピードキッド共々最終決戦には参加。
最終話では家系から失われていたシルシが蘇り、再生したアレフィストとアプリボワゼ、ヘッドとキング・ザメクを食い止めるべくタクトと共に戦った。

日常ではホンダ・ジョージという名前であり、学生寮で暮らす先輩の一人。ボクシング部部長。
面倒見の良い性格で、落ち込んでいたタクトを気にかけることもあった。
資格剥奪後はスタードライバー復帰のために自室にこもってトレーニングをしていた。
……が、カナコに頼まれスパーリングパートナーを務めた際にはパンチ2発でKOされてしまった。
その後もめげずに以前よりハードなトレーニングを続けるあたり、打たれ強さはかなりのものである。
また、最終決戦前にマネージャーに告白された事が判明するなど、物語の本筋とは外れたところで青春を謳歌しているようだ。

関連カード