《巨蟹武神キャンサード》

ブレイヴ可能モンスター【光導】
星6/風属性/水族/攻 2400/守 1400
相手フィールド上に存在するモンスターが1体のみの場合、このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
この時相手に与える戦闘ダメージは半分となる。
●ブレイヴ装備時:このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、相手ライフに1000ポイントのダメージを与える。 

対峙した者に2度目はない。 ―星文学者リリア『八十八星夜話』蟹座― 

五月第5週パック「倒せ!ブレイヴキラー」にて実装されたブレイヴ可能モンスター
相手フィールド上のモンスターが1体のみの場合ダイレクトアタックできる永続効果と、ブレイヴ装備時に戦闘ダメージを与えた場合に効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

上級モンスターとして標準ラインの攻撃力を持ち、相手が2体以上モンスターをコントロールしていなければダイレクトアタックも可能なため、接戦時・ダメージレースに強い。
相手フィールドに魔法・罠カードが存在するとダイレクトアタック出来ない《暗黒恐獣》や、相手モンスターが守備でなければならない《闇の住人 シャドウキラー》と比べると相手の魔法・罠ゾーンの状況は問わない点、相手の場に攻撃表示の大型モンスターが存在していても構わず攻撃可能な点において優れている。

相手の壁モンスターを無視できるとはいえ、無視して攻撃した場合にはその壁モンスターを場に残してしまう事になる。
その壁モンスターがリクルーターなど、戦闘破壊される事で効果を発揮するモンスターの場合には相手の思惑を外しダメージを与えられるため有効であるが、
次のターン、その壁モンスターをリリースやシンクロ・エクシーズ素材に使用されかえってピンチを招く恐れもあるため、効果を使いダイレクトアタックするべきかそのままモンスターを攻撃するべきかはその場の戦況によって判断していこう。

与えるダメージは半分となるため、何の補助もない場合その数値は1200ポイントとなりさほど高いとは言えない。
だがこのカードはブレイヴ可能モンスターであり、後半の誘発効果と組み合わさる事でその威力は劇的に高まる。
ブレイヴモンスターを装備する事による攻撃力アップに加え、その状態で戦闘ダメージを与えた場合にさらに1000ポイントのダメージを与える効果が発動するため、3000程度のダメージを与える事も難しくなくなるのだ。
勿論そのままバトルを行っても非常に高い攻撃力と誘発効果で相手のライフを削れるため、相手からすれば非常に厄介なモンスターとなる事だろう。

  • 原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツブレイヴに登場。
物語の鍵を握る12宮Xレアの一枚であり蟹座を司る。
バトルスピリッツTCGにおいては
2体でなければブロック出来ず2体の内好きなほうとバトル出来ると言うバトルスピリッツのルールにおいては非常に強力な効果であるため一時は最強の12宮Xレアではないかと言われていた
その後強力な12宮Xレア達が登場したがトップクラスの強さである事は変わらない。


関連カード