《妖怪 一反木綿》

効果モンスター
星4/風属性/アンデット族/攻 1200/守 1500
このカードが戦闘で破壊され墓地に送られた時、
このカードを破壊したモンスターの攻撃力・守備力は1000ポイントダウンする。  


 咲夜オリジナルカード第一期で登場した、風属性・アンデット族の下級モンスター。
 妖怪の名を持ち、戦闘破壊したモンスターのステータスを大幅に低下させる誘発効果を持つ。

 《ニュート》等と効果は同じだがステータスの低下値が1000と大きく、最上級モンスターでもない限りは無力化することができる。また、妖怪であるため再利用は容易であり、自爆特攻を二度も行えばほぼ全てのモンスターが他の自軍モンスターによって戦闘破壊できる圏内に入るだろう。

 他の妖怪と同様に基本ステータスは低めだが、地味に高い守備力を持っており、リクルータークラスのモンスターでは戦闘破壊できない。
その分効果の発動は難しいものの、このカードの役割は全体的に打点に不安の残る妖怪の戦闘サポートであるために一概にはデメリットと言い難い。
相手は弱小モンスターであるこのカードを除去するか、アタッカークラスのモンスターを無力化されるかの選択を迫られることになる。
無力化したモンスターを壁にしようと守備表示にしたところを、貫通能力を持つ《妖怪 九尾の狐》で攻撃出来れば理想的である。

 ただ、再利用は容易だが、自爆特攻でもしない限り効果対象を能動的に選べない上に、ステータスダウンさせるよりも効果破壊してしまう方がてっとり早く安全なことが多いのは自明なため、一度効果を使ったその後の出番は《妖怪 カラス天狗》に譲ることが多くなるだろう。
 それでも、効果破壊に耐性のある大型モンスターや攻撃力の上昇した《幻獣ロックリザード》のようなモンスターを相手にするのはこのカードのいない【妖怪】では厳しいものがあるので、まったく御役御免という訳ではない。

  • 地味にアンデット族でもある。故に恐ろしく特殊召喚の方法が豊富であるが、それを活かしたデッキを作るのは難しいかもしれない。

  • 《手錠龍》と同じように、敵に巻きついて能力を低下させるのであろうか? 敵モンスターのステータスを大幅に低下させ、更には復活をも果たすところも、どことなく《手錠龍》を思わせるところがある。

  • 原作・アニメにおいて―~
漫画GXの万丈目VS三沢戦にて三沢が使用。
原作では攻撃力を下げる数値が500ポイントと低くなっている。
通常召喚され、様子見に攻撃力のダウンした《光と闇の竜》に攻撃した。
《聖水の弊害》により元の攻撃力を取り戻した《光と闇の竜》に返り討ちにされた。

関連カード