※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《武槍鳥スピニード・ハヤト》

効果モンスター・ブレイヴ
星6/風属性/鳥獣族/攻 1800/守 800
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上のレベル5以上のブレイヴ可能モン
スターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている時のみ、装備モンスターの攻撃力・守備力はこのカードの攻撃力・守備力の半
分アップする。
装備モンスターの攻撃によって相手モンスターを破壊した場合、相手フィールド上に表側表示で存在する、破壊したモン
スターと同じ属性を持つモンスター1体にもう一度だけ続けて攻撃する事ができる。
(1体のモンスターが装備できるブレイヴは1枚まで)

信じ難い一報に、一心不乱で海上都市に飛んだ!   ―交渉人ミクスの手記―

実装時期別カードリスト-Extream-五月第5週パック「倒せ!ブレイヴキラー」にて登場した風属性・鳥獣族の上級モンスターのブレイヴ。
ブレイヴ共通の装備及び装備解除による起動効果と、装備したモンスターをこのカードに記された攻守の半分上昇する効果を持ち、自身を装備したブレイヴ可能モンスターに連続攻撃が行える誘発効果を付与する。

ブレイヴとして装備できるモンスターでは初となるレベルが5でないモンスター。
自身の攻撃力の数値も殆どが下級並みであるブレイヴとしては高めとなっている。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ「バトルスピリッツブレイヴ」に第二十八話から登場。
グリーンを基調とした体に二又の頭飾りをつけるハヤブサの緑属性ブレイヴカード。
BPは5000・召喚コストは5と中型に該当するコスト域となっていて、カードイラストからは伝わってこないが劇中では体長がドラゴンと同じくらいに大きい。
獄龍隊へ挑んだ馬神弾が扱い、その高いBPを生かしてブロックを避け、冥府魔導のラーゼのライフを合体せず通常のアタックで削った。
実装されたカードがレベル6、攻撃力1800と設定されているのはおそらくそこから影響を受けている面もあるのだろう。

ブレイヴ時には、ライジング・アポロドラゴンと平行に翼を重ねて合体する。
ライジング・アポロドラゴンのカラーリングが赤橙から緑の鎧へと様変わりし、六本の長槍を背中に武装した形態となる。
単純に同じ槍を六つ背負っているわけではなく、刺又矛、青龍刀、薙刀、鉤鎌槍などの形状様々な武器が確認できる。
指定アタック時には、六本槍を投擲する、手にした槍を振り回して粉砕する、槍を使わず弱小スピリットを単に踏み潰すなど連続攻撃効果の恩恵を受けて多種多様な攻撃方法を行なった。
また、ブレイヴアタックでライフを撃つときには、疾風を纏い回転し竜巻となって体当たり攻撃を仕掛ける。

バトルスピリッツにおいてのブレイヴ時効果は、指定した色のスピリットにブロックされたときこのスピリットは回復するというもの。
回復したスピリットはステップ中に続けてアタックすることが可能なので、単色のデッキ相手ならばブロックされる限り何度でも連続攻撃が可能ということになる。
そのため相手のスピリット全てをバトルによって一掃できる可能性を持ち、ブロックを強制させる赤の激突や指定アタックと相性がいい非常に強力な合体効果と言えるだろう。

第二十八話では《ブレイヴフラッシュ》を上手く使ってこのブレイヴを合体し《闇の聖剣》の疲労効果を見事かわしてみせる。
しかし残念ながらバトルスピリッツやこのCGIの仕様でそのコンバットトリックを行なうのは不可能。
詳しくは《ブレイヴフラッシュ》の項目にて。
第三十六話でも再び出番を得る。
宿敵である獄将デュックことブレイヴキラーを前にして召喚され、ライジング・アポロドラゴンに合体を行いアタックステップ開始時に紫を選択して……。

  • 関連カード