《砲凰竜フェニック・キャノン》

ブレイヴ
星5/炎属性/機械族/攻 1200/守 1600
このカードの召喚に成功した時、相手フィールド上に表側表示で存在する攻撃力1500以下のモンスター1体を
破壊する。
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上のレベル5以上のブレイヴ可能モン
スターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている時のみ、装備モンスターの攻撃力・守備力はこのカードの攻撃力・守備力分
アップする。(1体のモンスターが装備できるブレイヴは1枚まで)
装備モンスターが相手モンスターを攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

星空の闇と静寂を切り裂く業火。正に炎のブレイヴ。   ―星文学者リリア『八十八星夜話』鳳凰座―

実装時期別カードリスト-Extream-3月パック「新たな伝説のデュエル」にて登場した炎属性・機械族の上級ブレイヴモンスター。

召喚時に相手の低攻撃力モンスターを破壊する効果、そして合体時効果は攻撃宣言時に相手の魔法罠の発動を封じる擬似【激突】の効果を与える効果を持つ。
召喚時効果が強力であるため他のブレイヴより腐りにくく、合体時効果と噛み合わないもののブレイヴを装備した高攻撃力モンスターで直接攻撃を決めやすくなる。
また、ブレイヴであり炎属であるため《ブレイドラ》で特殊召喚出来る。
このカードと同じく《ブレイドラ》で召喚出来るカードの《太陽神龍ライジング・アポロドラゴン》《太陽龍ジーク・アポロドラゴン》とは効果が被るため相性がよくないが《金牛龍神ドラゴニック・タウラス》は攻撃が通しやすくなり、守備力も大幅に強化出来、表示形式変更からの戦闘破壊はされにくくなるため相性がよい。


  • 原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツブレイヴ3話で初めてバローネが使用したブレイヴ、《月光龍ストライク・ジークヴルム》の専用ブレイヴである。召喚した時《ブレイドラ》と戦竜エルギニアスを破壊し、ダンのライフを1まで追い込む。
このカードをドローした時「あぁ・・・俺はこの瞬間が好きだ、待ちに待った1枚ドローした時、体熱くなる。高ぶる余り、震えるのだ。」と歓喜に震え。
ブレイヴするとき「今宵は月だ。ブレイヴするには良い夜だ。」と名(迷)言を残した。
合体するときはこのカードが変形し、背負うように構える。
白軽減を持つためこの回以降も13、22話で使用したりとバローネが良くデッキに投入している。 何故か毎回破壊される。 また、アニメOPでも装備されている。バローネの代名詞ブレイヴと言える1枚だろう。


  • TCGバトルスピリッツにおいて―~
召喚時効果は「BP4000以下の相手のスピリット2体を破壊する。または、BP4000以下の相手のスピリット1体と相手のネクサス1つを破壊する。」と非常に強力な効果を持ち「ブレイヴの召喚時効果はスピリットではなくブレイヴとして扱うという裁定の為【装甲】の効果を受けない」というルール、さらには「合体条件コスト3以上」と軽い合体条件、合体時効果は非常に使いやすい【激突】と強い要素をいくつも持っていた為発売当初から強力なブレイヴが増えた現在においても赤のデッキ、そして白軽減を持つため特に白のデッキにはよく採用されている。