※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《騎士王蛇ペンドラゴン》

ブレイヴモンスター
星5/闇属性/爬虫類族/攻 1500/守 1600
このカードの召喚に成功した時、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の攻撃力を500ポイントダ
ウンする。
1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに装備カード扱いとして自分フィールド上のレベル5以上のブレイヴ可能モン
スターに装備、または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
この効果で装備カード扱いになっている時のみ、装備モンスターの攻撃力・守備力はこのカードの攻撃力・守備力分
アップする。(1体のモンスターが装備できるブレイヴは1枚まで)
装備モンスターが相手モンスターを攻撃する場合、ダメージステップの間相手モンスターの攻撃力・守備力は500ポ
イントダウンする。

彼には命など夜空の星屑。 ―星文学者リリア『八十八星夜話』竜座―

実装時期別カードリスト-Extream-3月パック「新たな伝説のデュエル」にて登場した闇属性・爬虫類族の上級モンスターのブレイヴ。
現在唯一の闇属性ブレイヴであり、攻撃力もリクルーターでサーチ可能な最大値の1500であるため、闇属性を中心とするブレイヴデッキの場合最優先で採用すべきカードだろう。
このカードは単体でも召喚したターンは実質攻撃力2000のアタッカーとして使えるため、他のブレイヴの「単体では低攻撃力の上級モンスターであるためブレイヴ可能モンスターが召喚されていなければ全く役に立たない」という弱点をある程度とは言え克服している。
また、攻撃力のダウンはターン終了後も持続するためこのカードで倒せなくても次のターンの後続カードや他のアタッカーで倒すと言った事も出来る。
ブレイヴ時においては、ブレイヴ最大の上昇値1500を誇り、攻撃時にはさらに相手の攻撃力を500ダウンさせるため攻撃時には2000も打点が上がることになる。
加えてこのカードを通常召喚してブレイヴまで行った場合には更に相手は500ポイント下がるため、装備したブレイヴ可能モンスターの攻撃力よりも2500上回る相手も破壊することが出来る強力なブレイヴである。
しかし、攻撃力を比べることにおいては最高のブレイヴであるが、守備表示で逃げられたりすると真価を発揮出来ない。
その場合には他のブレイヴ貫通効果を与える《セイバーシャーク》や、2回攻撃可能な《牙皇ケルベロード》《武槍鳥スピニード・ハヤト》等に変える他、このカードを分離してブレイヴ可能モンスターと2体でアタックしたりしてブレイヴの強みを生かしていこう。
勿論、最初から貫通効果を持っている《太陽龍ジーク・アポロドラゴン》と相性が良いのでそちらにブレイヴするのも良いだろう。

  • アニメにおいて―~
アニメバトルスピリッツブレイヴ10話で月光のバローネが使用、召喚時効果で《モルゲザウルス》を除去し1枚ドロー、さらにブレイヴ時効果によって《モルゲザウルス》も除去すると言う1枚で3枚ものカードアドバンテージを取るというこのカードの強力さを十二分に発揮した。
その後もアニメ使用デッキ公開された時、白紫の混色デッキでは3積みされていた。
ブレイヴ時にはペンドラゴンが回転、二つの剣に分かれ二刀流のように《月光龍ストライク・ジークヴルム》の羽に装備される。

  • 原作カードにおいて―~
召喚時効果は「相手のスピリット1体の上のコア2個を相手のリザーブに置く。この効果でそのスピリット上のコアが0個になったとき、自分はデッキから1枚ドローする。」
合体条件はコスト3以上、合体時効果は「『このスピリットのアタック時』合体していない相手のスピリット上のコア1個を相手のリザーブに置く。」
星座編 第一弾:八星龍降臨で登場して以降、その召喚時効果の強力さ、ブレイヴ条件の緩さで紫や赤のデッキ、その他色々なデッキに採用されている。
また、相手の効果を受けなくなる効果【装甲】の対象にはスピリット、マジック、ネクサスのみしか記述されていなく、「ブレイヴは召喚時効果のみスピリットではなくブレイヴとして扱う」という裁定によって 破壊ではない、除外だ!のように 【装甲】の穴を突けるこのカードによって紫は弱点であった白を克服した。 その後重装甲で苦しめられるのはまた別のお話である