※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《神楽耶の助け》

速攻魔法
自分が2000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた時発動する事ができる。
「KMF・紅蓮弐式」または「KMF・ガウェイン」1体を自分のデッキから攻撃表示で特殊召喚する。 

「私は勝利の女神ですから」 

6月第二週パック「魔神が生まれた日」で実装された速攻魔法。
2000ポイント以上の戦闘ダメージをトリガーに、デッキから《KMF・紅蓮弐式》または《KMF・ガウェイン》を特殊召喚する事ができる。
同じく戦闘ダメージを条件にデッキからモンスターをリクルートする《ダメージ・コンデンサー》に比べると、対象が限定されている代わりに手札コストを必要としないため発動が容易い。
リクルート先のモンスターをメインとするデッキの場合、ディスアドバンテージ無しに特殊召喚できるため採用を検討できるだろう。
《KMF・紅蓮弐式》はデュアルモンスターのため再度召喚がしやすくなり、《KMF・ガウェイン》【黒の騎士団】のキーカードである上級モンスターであるためこのカードで速攻召喚ができるのは嬉しい。

また、《ダメージ・コンデンサー》と違い速攻魔法であるため妨害されにくいのも利点であり、このカードを引いたターンに相手の攻撃力の高いモンスターに自爆特攻する事で発動するといった芸当も可能。
その際はリバースした《魔女 C.C.》などを使用すると無駄が無いだろう。 (C.C.をそのように扱って後でどうなるかはここでは目をつむっておく)

発動条件のダメージは2000と、上級クラスのモンスターのダイレクトアタックならば自然に満たせる数値であり《ヘル・テンペスト》のようにこちらからわざと相手を補助してやらなければ発動が難しいというほどではないだろう。
とはいえ、相手にこのカードの存在を見切られた場合敢えて攻撃力2000未満の下級モンスターによる攻撃でライフを削ってこられる可能性もある。
実質的に2000(以上)のライフコストが必要であるのと同義である事もあり、《KMF・ガウェイン》らの召喚サポートとしてあまりこのカードに頼りすぎるのも危険かもしれない。


  • 原作・アニメにおいて―~
アニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」に登場するキャラクター、皇 神楽耶(すめらぎ かぐや)のこと。
まだ少女ながらも反ブリタニアを掲げるキョウト六家の当主であり、ゼロ(ルルーシュ)を慕うとともに様々な支援を行った。

第一話(OP)からその姿を見せてはいたものの、顔見せ程度であり物語に大きく関与してくる事はなかった。
正式に登場したのはアニメ一期の終盤なのだが、それまで予想されていた神秘的な雰囲気とは真逆のエキゾチックな言動で視聴者の度肝を抜いた。


同じく「~の助け」と名を持つカードに《永琳の助け》がある。速攻魔法である点も同じ。
原作・ジャンル的に類似点は無いのだが、音が同じである事を利用した「かぐや」(輝夜・神楽耶)と「永琳」の助けを両方作るというセルフパロディ的なネーミングである。


関連カード