※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《レイラ・プリズムリバー》

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻 1600/守 1800
このカードを生贄に捧げる。
自分の墓地に存在する「騒霊」と名の付いたモンスターを可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。
ただし、同名モンスターは1体までしか召喚できず、
自分フィールド上にすでに存在するモンスターと同名モンスターは召喚できない。 

プリズムリバー四姉妹の末っ子。騒霊のプリズムリバー三姉妹を蘇生する能力を持つ上級モンスター。

ぎりぎりリクルーターからの特殊召喚が不可能な攻撃力。
《カオスエンドマスター》の効果でデッキから特殊召喚することができる。

上級モンスターとしては力不足感が否めないので場に出たら即時効果発動でもいいかもしれない。
このターン通常召喚ができなくなり生け贄が必要という条件を持つ通常魔法、と考えるとこのカードの立ち位置が見えてくる。
しかし、蘇生して効果が発動できるのは魔法カードには無い利点である。


  • 原作・アニメにおいて―~
東方妖々夢の設定上にのみ存在するキャラクター。
騒霊プリズムリバー三姉妹は、レイラが三人の姉を元に作り出した騒霊(ポルターガイスト)。

人間の「プリズムリバー姉妹」の四女である。レイラの実姉であるルナサ、メルラン、リリカは騒霊の「プリズムリバー三姉妹」とは別人である。
レイラの父親であるプリズムリバー伯爵は貿易商をしており、東の国でとあるマジックアイテムを手に入れてしまう。
それは幻想郷のマジックアイテムであり、プリズムリバー家は崩壊。人間のルナサ、メルラン、リリカらは引き取られていったが、思い出の屋敷から離れられなかったレイラは、姉の姿をした騒霊(ポルターガイスト)を生み出してプリズムリバー邸ごと幻想郷へ消えた。
この騒霊は最初は姉達の幻影や幻聴に過ぎなかったらしいが、そのうちレイラと会話出来るようになり、いつのまにか一緒に暮らすようになった。
幻想郷の生活はレイラ一人では辛かったらしいが、騒霊の「プリズムリバー三姉妹」に助けられてレイラは天寿を全うする。

だが、ともに消えるはずだった騒霊『プリズムリバー三姉妹』はレイラが死んでも消える事はなく、今も演奏隊をやっているのだった。

関連カード