《ベクトル・シンクロン》

シンクロチューナーモンスター
星3/光属性/機械族/攻1100/守600
「シンクロン」と名のついたチューナー+チューナー以外の「ウォリアー」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「ジャンク・シンクロン」「ニトロ・シンクロン」「ター ボ・シンクロン」を1枚ずつデッキに戻す事で発動する事ができる。
エンドフェイズ時まで、自分フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体のレベルを1から8までの任意の数値にする。
また、相手のメインフェイズ時、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードをシンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。 

レベル3のシンクロチューナー。墓地の「ジャンク」、「ニトロ」、「ターボ」の3体のシンクロンをデッキに戻すことでシンクロモンスターのレベルを変更する効果と、相手ターンにシンクロ召喚できる効果を持つ。


素材が「シンクロン」と「ウォリアー」に指定されているため、シンクロ条件は他のシンクロモンスターより厳しい。
シンクロ条件が厳しいシンクロモンスターは非常に強力なモンスターが多いが、このカードの効果はレベル変更効果と相手ターンにシンクロ召喚できる効果のみなので、地味な効果。
このカードの真価は、《ジャンク・ウォリアー》をエースとしたデッキで発揮されるだろう。

《ジャンク・ウォリアー》を使うデッキならば《マッシブ・ウォリアー》、《ブースト・ウォリアー》と言った使いやすい「ウォリアー」モンスターを安易に投入することができ、このカードのシンクロ召喚はそれほど難しくないだろう。
《クイック・シンクロン》の登場であまり使われなくなってしまった《ニトロ・シンクロン》や《ターボ・シンクロン》も《ジャンク・ウォリアー》を素材にそれぞれのウォリアーとなることができるので、十分採用圏内。
ベクトル・シンクロンの効果で攻撃力の高いシンクロモンスターのレベルを2以下にし、《ジャンク・ウォリアー》をシンクロ召喚すれば、攻撃力は大幅に上昇し、もしかしたら一撃で相手のライフを消し飛ばすことができるかもしれない。

他にも《シューティング・スター・ドラゴン》をシンクロする際のレベルを調整するなどの使い方もある。
チューナーが3体デッキに戻るため、《シューティング・スター・ドラゴン》の連続攻撃効果を成功される確率が高まるため、相性がいい。