《魔龍帝ジークフリード》

特殊召喚モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3100 /守2200
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体をリリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘で相手モンスターを破壊して墓地へ送った場合、自分のデッキからカードを1枚ドローする。 

どうしてこんなに歪んじまったんだ。竜化の呪いじゃない、異質な力が流れ込んでやがる。

3体のモンスターをリリースすることで特殊召喚出来るモンスター。
高い戦闘力を持ち、その戦闘で相手モンスターを破壊した場合1枚ドローすると言う強力な効果を持つ。
同条件のモンスターと同じようにトークンをリリースに使えるため《ウィッシュ・ドラゴン》や《スケープ・ゴート》、《終焉の焔》等の一度に複数のトークンを召喚出来るカードと相性が良い。
一度召喚さえしてしまえば、出落ちしなければドロー効果によってディスアドバンテージをひっくり返し、そのまま増えたカードによって相手を追い詰めていくことが出来るため、勝利へと繋げることも容易い。

このカード自体もそれなりに軽い召喚条件で効果も強力であるが、このカードの最大のメリットは「龍帝」を名称に含むため《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》の効果対象になることだろう。
このカードと《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》の合計攻撃力は5400、ダイレクトアタックが決まれば初期ライフの半分以上を奪い取れる。
また、壁モンスターがいる場合でも、このカードで壁を倒し《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》の召喚に使用したディスアドバンテージを取り返しつつダイレクトアタックに繋げる等と言った芸当も出来るため、基本的に《光龍騎神サジット・アポロドラゴン》より優先して召喚される。
もっともあちらは相手の伏せカードを封じれるため、状況にもよるが。

  • 原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツ少年突破バシン36話において、主人公バシントッパのライバルJが使用。
「白使いのJ」の象徴である《巨神機トール》から転召し、「サウザンドスピリッツ団のジャックナイト」となって過去と仲間との決別を果たす覚悟を表した。
この時アタック時効果によってバシンのスピリット3体を破壊しダブルシンボルによってライフを2つ削り、更にはバシンのキースピリットであった《龍皇ジークフリード》を倒すなどバシンを圧倒している。
その後もJやNo9によって度々召喚され、バシンたちの前に立ち塞がった。

新シリーズであるバトルスピリッツ少年激覇ダン及びバトルスピリッツブレイヴにおいても登場し、新たな主人公・ダンの前に幾度となく立ち塞がった。
いずれも《魔帝龍騎ダーク・クリムゾン》の効果によって召喚されており、9コストの転召と言うあまりにも重過ぎるコストを踏み倒す事で高速召喚に成功しダンを苦しめた。
……気がするけどブレイヴだとダンさんに軽く倒された気がする。

関連カード