《オモイカネブレイン》

カウンター罠
自分フィールド上に「月の頭脳 八意永琳」が表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
魔法・罠カードの発動と効果を無効にし、それを破壊する。
相手はこのデュエル中、この効果で破壊されたカード及び同名カードを発動する事ができない。

《月の頭脳 八意永琳》が存在する場合のみ発動できるカウンター罠。
特定の最上級モンスターが場に存在する場合しか発動できないという厳しい発動条件を持つが、
その効果はデメリットの無い《魔宮の賄賂》に加えて《封魔の呪印》と同じ制約を相手に与えるという強力なもの。
確実に1:1交換が望め、無効にするカードによってはそれ以上の損失を相手に与えられる。

相手は、このカードによって無効にされたものと同名カードをデュエル中に発動できなくなるため相手のデッキのキーカードとなる魔法・罠を狙い撃ちにできれば相手へのダメージは計り知れない。
融合デッキにおける《融合》、儀式デッキにおける儀式魔法などを無効にできれば相手の戦術は根底から瓦解するだろう。
なるべくそういった2枚、3枚と積んであるであろうカードを無効にしたいが前述の通りこのカードには《月の頭脳 八意永琳》が存在する場合のみという発動条件が存在するため、うってつけのカードが発動されるのを待つ間に《月の頭脳 八意永琳》が場から離れてしまっては元も子もない。
後半の効果を狙いすぎず、戦況によってその場その場で発動対象とするカードを選んでいきたい。


なお、無効とするカードは自分・相手のカードを問わないが、その後発動できなくなる制約は相手のみにかかる。
これを利用し、例えば自分の《大嵐》を自分で無効にする事で、その後相手の《大嵐》の発動を封印するという戦術も可能。
うまく使えば相手の意表を突くことも可能だが、当然大きなディスアドバンテージを負う事になるのでこの戦術を使うかどうかはよく考えたい。


  • 原作・アニメにおいて―
東方永夜抄において八意永琳がHard・Lunaticで使用するスペルカード。
オモイカネとは古代日本の神、八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)のこと。思想・思考・知恵を神格化した神。



関連カード