《八雲の巣》

カウンター罠
自分フィールドに「幻想の境界 八雲紫」が表側表示で存在する場合にのみ、
魔法・罠の発動、またはモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚が行われた時発動できる。
それを無効にし破壊する。発動後、このカードは墓地へ送らず再び場にセットする。
「八雲の巣」は1ターンに一度しか発動できない。 

《幻想の境界 八雲紫》が存在する場合のみ発動できるカウンター罠。
咲夜さんCGI内でもトップクラスの性能とトップクラスの召喚難度を誇る《幻想の境界 八雲紫》が存在する場合のみという極めて厳しい発動条件を持つが、それに見合った高い性能を持つ。
その内容は制限カードである《神の宣告》と同じく、あらゆる魔法・罠・召喚行為を無効にできるというもの。
さらに《神の宣告》に存在するライフ半分といった大きなデメリットも必要なく、ノーコストで撃つ事が可能。
極めつけには《くず鉄のかかし》のように発動後墓地に送らず再びセットするため、次ターンに再び使用できるという、
効果内容だけ見れば全カウンター罠の中でも頂点に位置するといっても過言ではないパワーを有している。

このカードを安定して発動できる状況に持っていけたならば勝利は目前と言えるが、やはり発動条件である《幻想の境界 八雲紫》の召喚の難しさがネック。
ただでさえ召喚ギミックのためにデッキスペースを必要とする上に、召喚成功後しか効果を発揮できないこのカードを投入するという事は、取りも直さず手札事故の可能性の大幅な引き上げを意味する。
また、《幻想の境界 八雲紫》自身が非常に強力であり、防御性能も高く単独で場の制圧が充分に可能な強さを持っているため
そこからさらに相手の行動を封じるためのカードの投入というのは戦略上有効とは言い難く、ロマンカードの一種ととらえることもできるだろう。

また、忘れがちであるが1ターンに1枚しか発動できない制約にも気をつけよう。
このカードを複数枚セットして相手の攻勢を何度も封印するということはできない。
そのため《サイクロン》→《大嵐》といった二段構えの罠除去を用意されると突破されてしまうため、過信は禁物である。


  • かつては未実装カードとして名前と効果テキストだけがひっそりと存在していたカード。《幻想の境界 八雲紫》がその姿を現す前からこのカードは見る事ができた。非常に凶悪なこんなカードがサポートカードとして存在する《幻想の境界 八雲紫》とはいかに強大な存在なのか?とデュエリストの想像をかきたてる演出の役割を担った。


  • 原作・アニメにおいて―
東方緋想天ストーリーモードにおいて八雲紫が最後に使用するスペルカード。レミリアを自キャラにしてラスボスの紫まで辿り着かなければ見る事の出来ない結構レアなスペカ。
名前は「蜘蛛の巣」と掛け言葉になっており、蜘蛛の巣に捕らえられたように動きを封じる弾幕が展開される。



関連カード