※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《諏訪の大戦チーム》

融合モンスター
星11/風属性/水族/攻4000 /守4000 
「山坂と湖の権化 八坂神奈子」+「土着神の頂点 洩矢諏訪子」
このターン内に特殊召喚された、自分フィールド上に存在する元々のカード名が上記のカードをデッキに戻した場合にのみ、
エクストラデッキからのみ特殊召喚が可能。
このカードを特殊召喚するターン、バトルフェイズは行えない。このカードが特殊召喚に成功した時、フィールド上に存在するカードを全て破壊する。
その後、「山坂と湖の権化 八坂神奈子」または「「土着神の頂点 洩矢諏訪子」1体を召喚条件を無視して自分のデッキから特殊召喚する。

9月第五週パック「Ten Desires」で実装された特殊な融合モンスター。
チームの1体であり、全体除去効果とそれに付随するこのカードの素材のどちらかを特殊召喚する効果、及びバトルフェイズを行えないデメリットを持つ。

普通に使用する分にはフィールドのリセットを行ったのち、素材のどちらかのモンスターを特殊召喚するカードとなる。そのターン内にバトルフェイズを行う事はできないためそのまま攻撃する事はできないが、それでも全体除去効果ののち更に最上級モンスターを呼び出す事ができるのは優秀であると言えるだろう。

しかしリセット効果は強制効果であるため条件を満たしたからと言って考え無しにこのカードを出すのは非常に危険。
無論相手の反撃の手を潰す事にもなるが、そのターン内にバトルフェイズを行えない以上次のターンに反撃される可能性も十分にある。
加えて特殊召喚できるのはどちらか一体のみなので貴重な最上級モンスターを1体失う事にもなってしまう。

ただでさえ必要なカードが多いためあまり現実的ではないが、《亜空間物質転送装置》を用いればこのカードを生き残らせる事も可能。《禁じられた聖杯》を用いても良いが破壊効果が無効になる上このカードは場に残った後はバニラ同然である以上やや現実的ではないか。
更に難易度は上がるが《土着神の頂点 洩矢諏訪子》をこのカードの素材とは別に守備表示で出しておけば破壊されずに場に残すこともできる。

素材となる2体がどちらも2~3枚以上のカードがなければ場に出す事ができないため難易度はやや高めだが、神奈子様は《マンジュ・ゴッド》や《あヽ風の神よ、神湖の地に》を始めとする儀式サポートに対応しており、諏訪子様に関してももう片方の素材である神奈子様とサーチ先が共通している《二拝二拍一拝》が存在するため見た目よりは容易。それでも1ターン内にどちらも特殊召喚しなければならない上に《月の書》を用いた抜け道等も使えないため他のチームと比較してもやや難易度は高めか。

最早ロマンの域になるが、このカードとを揃える事も可能。
上記の通り、《土着神の頂点 洩矢諏訪子》をもう一体用意しておけばこのカードは破壊されないため、その状態でもう片方のの召喚に成功すれば成功である。
この状態ならば、《土着神の頂点 洩矢諏訪子》を守備表示にしておけば破壊耐性を持った攻撃力4000のモンスターが2体並ぶ事となり、また《山坂と湖の権化 八坂神奈子》の効果のリリースも《土着神の頂点 洩矢諏訪子》で賄う事ができ非常に強力。
フィールドもリセットされているため、決まればほぼ確実に勝利できるだろう。

効果発動時のテキストは以下の通り。

土着神話VS中央神話!!
諏訪の神々による大戦が再現されフィールドは嵐に巻き込まれる!

関連カード