《未来破壊》

通常魔法
自分の手札の枚数分だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

実装時期別カードリスト-Extream-9月第ニ週パック「みらいいろ」にて実装された魔法カード

単体で起用する場合では、《おろかな埋葬》等ピンポイントで墓地に落とすカードや《針虫の巣窟》のほうが安定して使っていける。
しかし、《おろかな埋葬》と違い魔法・罠カードも墓地に送る事が出来るので《ダウザーの小さな大将 ナズーリン》や《スキル・サクセサー》等と相性が良く、《阿礼乙女の記憶》の発動条件も満たしやすくなる。
《針虫の巣窟》と比べると、即効性と、手札を増やす方法を用意しておけばあの《パワー・ウォール》並みに効率良く墓地を肥やせるようになる爆発力で勝る。
(当然、効果の関係上、効果量を上げようとすればその分だけセルフデッキデスになってしまう危険が上がってくるが、このカードの効果での敗北は無いので原作のアポリアように《アフター・グロー》での勝利を狙う場合は相性の良いカードとなる)



  • 原作・アニメにおいて―~
Z-ONEvsアポリアにおいてアポリアが使用。《時械神メタイオン》の存在を知っていたアポリアはその効果を利用して《機皇帝ワイゼル∞》(アニメ効果)一組みを手札に戻させて手札を増やし、その後《機皇帝スキエル∞》(アニメ効果)一組みを召喚、《ハイレート・ドロー》でデッキ圧縮後に使用し自身のデッキを0にした。これにより《アフター・グロー》の効果でアポリアの勝利は確実かと思えたが……。