《騎士王 アルフレッド》

効果モンスター
星9/光属性/戦士族/攻 3000/守 800
このカードは特殊召喚できない。
アドバンス召喚されたレベル7以上の戦士族モンスター1体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
このカードの攻撃力は、自分フィールド上に表側表示で存在する戦士族モンスター1体につき600ポイントアップする。
自分のライフが4000以下の場合、自分の墓地の光属性モンスター3体をゲームから除外する事で
デッキからレベル8以下の光属性・戦士族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが表側表示でフィールド上に存在する限り1度しか使えない。

10月第四週パック「Eternal Dream」で要望実装された戦士たちの主。
《ドラゴニック・オーバーロード》に似た召喚条件と、自身の攻撃力を上昇させる効果、特定の条件でデッキからモンスターを特殊召喚する効果を持つ。

召喚のためにアドバンス召喚された星7以上の戦士族をリリースする必要があり、このカードの召喚自体も召喚権が必要なため、下級2体を特殊召喚したとしても二度の召喚権を必要とし、そこそこ召喚難易度は高い。
条件の割に攻撃力が低く見えるが、自身の効果により最低でも3600となり《究極完全態・グレート・モス》《破壊の化身 グラスギブネン》をも戦闘破壊することができる。
墓地の光3体をコストとする特殊召喚効果はコストが若干重く条件はあるものの星8まで選択可能であり、最上級をリリースするという召喚の際のディスアドバンテージを即座に回復できる。

原作で関連のある《ブラスター・ブレード》とは、スキル使用後の《ブラスター・ブレード》にライドでき、このカードで《ブラスター・ブレード》をスペリオルコールすればスキルを発動できるため、相性はいい。が、CBを喰い合うため併用する際には注意が必要。


  • 原作・アニメにおいて―~
「カードファイト!!ヴァンガード」において主人公、先導アイチが使用するグレード3のユニット。
スイコから譲り受けたカードで、初登場からアイチのファイトではほぼ毎回登場している。
(覚えている限りでは)このカードを複数枚投入している描写は無かった気がするが、このカードを除くと《孤高の騎士 ガンスロット》くらいしかグレード3が居なかったため、よく出てくる。
《ソウルセイバー・ドラゴン》入手後も、スキルの使用にソウルが必要なため一度このカードにライドすることも多い。(気がするが最近観れてなくてよくわからない。追記求む)
攻撃名はグレートソードアタック、パワーが自身のスキルで最大まで上昇することをアルティメットパワーアップと言う。《デーモン・カオス・キング》的な何かを感じる。

実際のカードゲームでは、環境のトップだったりしたが《ばーくがる》規制のおかげで最近はそうでもないとかなんとか。
第一弾「騎士王降臨」にRRR、SPで収録されている他、2011年12月3日発売予定の「はじめようセット ブルー」にも付属するらしい。



関連カード