《ブラックフェザー・ストーム》

速攻魔法
自分フィールド上の「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を対象に、以下の効果から一つを選択して発動する。
●:選択したモンスターはエンドフェイズ時まで攻撃力・守備力が1000ポイントアップし、モンスター効果を受けない。
●:選択したモンスターに乗っている黒羽カウンターを2つ取り除く事で、相手フィールド上に存在する魔法・罠カードを全て破壊する。 

実装時期別カードリスト-Extream-4月第四週パック「集いし願い」にて登場した速攻魔法。
《ブラックフェザー・ドラゴン》専用の攻撃力強化、耐性付与、魔法・罠破壊カード。

突如実装されたオリジナルの必殺技カードである。
同系列の《スターストライク・ブラスト》《バーニング・ストライク》と比較して攻撃力上昇幅がもっとも大きい。
が、それら二種にシンクロモンスターとして上位形態が存在することを考慮に入れると、最終的な合計攻撃力は他が勝るか。

モンスター効果を受けない効果は一見地味な効果ではあるが非常に有用。
ブラックフェザー・ドラゴンは黒羽カウンターの数で攻撃力がダウンするため、モンスター効果を受けないというのは自身の効果で下がった分の攻撃力も元に戻るということである。
カウンターを載せたまま攻撃力をアップでき、数値を3800まで高めることができる。

魔法・罠破壊はブラックフェザー・ドラゴンの存在が不可欠であるものの速攻魔法で《ハーピィの羽箒》を放つことができる。
エンドサイクの感覚で《ハーピィの羽箒》が飛んでくるのは使われた相手はたまったものではないだろう。
ただし強力な効果である代償として、発動コストに黒羽カウンター2つという軽くないコストが必要。
しかしイマイチ使い道に乏しかった黒羽カウンターをアグレッシブに使っていけるのは何ものにも変え難い。

メインでは攻撃力増強を狙い、隙を見て魔法・罠破壊効果を使っていくとなるだろうか。
ブラックフェザー・ドラゴンはただ召喚するだけではほとんど効果の無いモンスターと変わりないため、専用デッキを組んで積極的に黒羽カウンターを貯めていってやりたい。
上昇率も高く付加効果もあり、攻撃力があと一歩なブラックフェザー・ドラゴンを守るカードとしてこれ以上のものはないだろう。