《紫の彼岸は遅れて輝く》

通常罠 
自分フィールド上の、闇属性以外のモンスター2体を生贄に捧げて発動する。
自分の墓地に存在する「幽々子」と名の付いたモンスター1体を、召喚条件を無視して特殊召喚する。  

《亡霊の姫 西行寺幽々子》の専用蘇生カード。
コストは闇属性以外のモンスター二体と重く、合計で3枚ものカードが必要になる。
とはいえトークンも使用出来るためそこまで困難と言うほどでも無く、《スケープ・ゴート》や《迷える仔羊》、《ダンディライオン》などを利用すれば比較的楽に発動条件を満たせる。
特に《迷える仔羊》《ダンディライオン》はアドバンス召喚にも利用できるため、手札に抱えた《亡霊の姫 西行寺幽々子》の展開にも役立ち相性がいい。
複数のトークンを生成するカードは数多く存在するので、自分のデッキタイプによって好きなものを採用するとよい。

アンデット族でデッキをまとめた場合、その展開能力から発動の機会はそれなりに多くなるだろうが、主力モンスターの殆んどは闇属性のため扱いには一考を要する。
《白玉楼の亡霊》はその効果から自然にこのカードに繋げる事ができ、《怨念の魂 業火》はそのトークン生成能力から即座にリリース要因を揃えることが出来る。
変わったところでは《夜のデンデラ野を逝く》を使ってみるのも面白いか。

《亡霊の姫 西行寺幽々子》は特殊召喚出来ない最上級モンスターのためその制約を無視して特殊召喚を可能とするこのカードの存在は大きいのだが、ただ召喚するためだけに使用しただけではアドバンス召喚したのとカード消費が変わらないことには注意しておきたい。
このカードの最大の利点はフリーチェーンの罠カードであることであり、サクリファイス・エスケープや既に攻撃を終えたモンスターをリリースしての追撃、あるいは相手ターン中での防御などが可能なことにある。
このカードを使用する際は、そういった罠カードであることの利点を活かしたプレイングを心掛けたい。


《亡霊の姫 西行寺幽々子》自身をこのカードのリリースコストとすることも可能であり、墓地に送られた時に発動する除去効果を能動的に発動することが出来た。
しかし後にこの除去効果が任意効果にエラッタされたためタイミングを逃してしまうようになり、このコンボは現在使用することが出来なくなっている。

  • 原作・アニメにおいて―~
東方萃夢想において紫(ゆかり)を使用したときに幽々子が最後に使用するスペル。
紫の彼岸(死、成仏)は幽々子よりも遅れるだろう、という意味合いか。
しかしこのカードでは幽々子は成仏どころか蘇って元気ビンビンである。

関連カード