《S-シングルソウル》

通常魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合のみ発動する事ができる。
自分の墓地から「仮面ライダーW」1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターの攻撃力と守備力は半分になる。
このカードが発動されたターン、自分はモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する事はできない。

実装時期別カードリスト-Extream-10月第四週パック「Eternal Dream」にて登場した通常魔法。
《仮面ライダーW》専用の蘇生魔法であり、複数の制限こそあるものの墓地から蘇生を行える効果を持つ。

効果を要訳すると、この魔法カードで蘇生したターンに《仮面ライダーW》は変身することができず、リリース・シンクロ・エクシーズいずれの素材としても使うことができないというもの。
つまり特殊召喚された《仮面ライダーW》は攻撃に移るまでタイムラグがあり、次の相手のターンで無防備な姿を晒してしまうことになる。
その上、ただでさえ上級モンスターとしてあまり高くない攻撃力・守備力の双方が半減するため、下級モンスターにも戦闘で容易に破壊されてしまうことだろう。
また、自分フィールド上に他のモンスターがいない場合のみ発動できるという制限も《月光龍ストライク・ジークヴルム》などのモンスター効果で攻撃対象に選択させず守ろうとする足を引っ張る。

次の自分のターンに確実に《仮面ライダーW》が変身するためにも、何らかの防御手段を用意しておきたい。
セオリー的な防御罠である和睦はもちろんのこと、専用サポートカードである《ファングメモリ》を使うことで戦闘から完全に防御できるようになる。
なにより《ファングメモリ》は原作再現としても優れているため、積極的に狙ってみるのも面白いだろう。
さらに《H-ハーフボイルドハート》との相性も悪くない。
一度の戦闘破壊耐性が付与でき、ライフも1000ポイント回復するため、融合体の特殊召喚に必要なライフコストが賄うことができるようになる。
ただしこちらは複数のモンスターからラッシュをかけられたらひとたまりがないという弱点もあるため、過信はできないか。

このように扱い難い蘇生カードだからこそ決闘者の腕の見せ所である、ともいえる。
生身であらゆるガジェットを駆使して変身へ繋げた《仮面ライダーW》と同じように、プレイヤーは生き残るための運と知恵を試される。

  • 原作・アニメにおいて―~
元ネタは 魔法カード《O-オーバーソウル》。

攻撃力が半減となるところからも容易に推察することができるが、「シングルソウル」とはつまり一人の状態であるということである。
制約効果についても何らかの理由で変身できない、というシーンを効果で現わしている。
仮面ライダーWは二人で変身するヒーローであるため、片方が何らかの事情で変身に応答できない場合は、そのまま生身で戦うことになる。
これはメインの変身側であり、主に身体能力に秀でた左翔太郎がこの役回りを負うことが多い。
その迫り来る怪人を前に、ガジェットと呼ばれる支援機械を使って撹乱し、困窮の時間を稼ぐ様はアクションとしても魅せる場面になる。

回避できない危険が迫った場合は場合は仮面ライダー伝統の池ポチャで話を強制終了させたり、《エクストリームメモリ》《ファングメモリ》などがドーパントからの攻撃をブロックする。
それらのパターンは二話構成の話の山場で引きに使われることも。

相方のトラブルで変身できないコミカルなシーンが印象強いが、ドーパント相手にその身一つで「邪魔しにきた……」などの非常にヒロイックな台詞も存在し、物語の一因を担っているのは間違いない。
これはいかに怪人からの攻撃を回避しながらベルトを使い変身するか、というのが仮面ライダーというヒーローの永遠のテーマであるからだといえよう。
ピンチの仮面ライダーを応援して手に汗握る瞬間を再び共有したい決闘者は、この蘇生カードを是非に。

  • 関連カード