《ディバイディングドライバー》

通常罠
自分フィールド上の「ガオガイガー」と名のついたモンスター1体と相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスター2体をゲームから除外する。
この効果で除外した自分のモンスターは2ターン後のスタンバイフェイズ、
自分フィールド上に戻る(ゲームから除外している間、そのモンスターカードゾーンは使用できない)。 

自分フィールド上のガオガイガーと名のついたモンスターと相手のモンスター一体を除外するカード。
発動から2ターン後のスタンバイフェイズにガオガイガーのみが戻ってくる。
ガオガイガーが相手に破壊されそうなときに使えるカード、ではあるのだが若干使いどころが難しい面もある。
ガイガーの効果で召喚した場合、再度フィールドに戻ってきたガオガイガーは起動効果である必殺技、ヘル・アンド・ヘブンが封じられるからである。
新たなる必殺技であるゴルディオンハンマーこと《ゴルディマーグ》を装備した状態も、除外されるときに《ゴルディマーグ》が破壊されてしまう。
なるべく《リビングデッドの呼び声》などで蘇生したガオガイガーに使用したいところである。

このカードを使う場合、ヘル・アンド・ヘブンで対処できない攻撃力の高いモンスターや、ゴルディオンハンマーの対象にできない裏守備モンスターを狙うなどしたい。

  • 原作・アニメにおいて―~
ガオガイガーの扱うハイパーツールの一つ、ディバイディングドライバー。その名が示すように、マイナスドライバーの形をしている。
OPの勇者王誕生!にて「空間湾曲!ディバイディングドライバー!」と歌っているように、打ち込んだ地点の空間を押し広げることによって、戦闘フィールドを形成し、周囲への被害を防ぐツール。
実は直接相手を攻撃する道具ではないのである。
なお、このツールの真の誕生理由は戦闘時における背景作画の負担軽減を目的としたものである。