※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《聖皇ジークフリーデン》

効果モンスター
星9/光属性/ドラゴン族/攻3200 /守2400
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上の炎・光属性モンスターを合計3体リリースする事でのみ特殊召喚する事ができる。
「龍皇ジークフリード」または「要塞皇オーディーン」をリリースしてこのカードを特殊召喚に成功した場合に、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターを、攻撃力の合計が3000以下になるよう任意の枚数選択して発動する。
選択したモンスターを破壊する。

合体したぞ!! あの竜型の魔物をぶっつぶすためなのか!?


10月第四週パック   「Eternal Dream」 で実装された白と赤の混色Xレア。
3体の炎または光属性モンスターをリリースしなければならず、《龍皇ジークフリード》をリリースに含まなければ効果を発動できない。
その分、召喚時効果は非常に強力であり、攻撃力合計3000以下になるように好きなだけ破壊出来る。
相手が低攻撃力モンスターを並べていようものなら纏めて焼き払うことが可能で、攻撃力が3桁程度のモンスターに至っては上級モンスターのついでのように焼き払われる。
しかし、その様に強力な効果を発揮するにはやはり手間がかかり、まず《龍皇ジークフリード》を展開し、横に二体の炎、光属性モンスターを並べなければならない。
このカードのリリースに使用できる複数のトークンを1枚で生み出すカードは存在せず、簡単に出すことは難しい。
使いやすいカードとしては《創造の代行者ヴィーナス》や《ブルーサンダーT45》などだろうか。
両モンスターとも複数のモンスターを並べるため《龍皇ジークフリード》との相性も良い。
デッキを圧迫したり、戦闘を介さなければ特殊召喚出来ないため癖が強く、これらを【覚醒】に混ぜるには構築センスが試されるだろう。


ちなみに《要塞皇オーディーン》は存在しない。テキストの原作再現である。

  • 原作・アニメにおいて―~
バトルスピリッツ少年突破バシンにおいてバシンとJが使用した最終切り札スピリット。
初登場はJ&バシンVSギャラクシーセブン&スマイルのタッグ戦。
デッキ破壊によってデッキの殆どないバシンの引いた《ダブルドロー》をJに使い、そのドローとドローステップのドローでJは《要塞皇オーディーン》とこのカードを見事引き当てた。
更にこのカードに《ダブルハート》《インビジブルクローク》を使い、更に《魔神機ビッグロキ》の効果で「トリプルシンボルでかつブロックされない2回攻撃」をするスピリットとなり他のスピリットのアタックを含めライフを一気に7つ奪い去る豪快な勝利を収めた。
更にその後ナンバー9との戦いで《魔龍帝ジークフリード》を打ち倒した。
そして最終話、ウチュウチョウテンオウとの戦いでも最後の最後に登場し、見事《激神皇カタストロフドラゴン》を破壊した。
そのあたりは《ライトニングバリスタ》にて。
このカードのフレーバーテキストの竜型の魔物とは《激神皇カタストロフドラゴン》のことである。
合体して倒した後《龍皇ジークフリード》が《激神皇カタストロフドラゴン》の力を吸収した・・・らしい。