《魔法少女 佐倉杏子》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/炎属性/魔法使い族/攻3000/守1000
炎属性レベル5モンスター×2
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力がそのモンスターの守備力を越えていれば、その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
エクシーズ素材を持つこのカードをゲームから除外する事で、
フィールド上に表側表示で存在するこのカード以下のランクを持つエクシーズモンスター1体をゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも使用する事ができる。 

「独りぼっちは、寂しいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ」

オリジナルカード-Appendix-で実装された、炎属性・魔法使い族のエクシーズモンスター。
相手に貫通ダメージを与える永続効果、エクシーズ素材があるこのカードを除外する事で自身のランク以下のエクシーズモンスターを除外する誘発即時効果を持つ。

貫通効果はその攻撃力の高さから活かしやすい。単純に守備表示モンスターを殴る能力だけなら《紅き月 レミリア・スカーレット》の方が破壊力で勝るが、このカードは蘇生制限がないため一度召喚してしまえば取り回しは良い。

除外効果はこのカード自身が強力なエクシーズモンスターであることもあって能動的に使いたい場面はそこまで多くないが《CNo.39 希望皇ホープレイ》や《No.61 ヴォルカザウルス》などの効果による大ダメージを回避しながらそれらを道連れに出来る点は充分評価できる。

召喚条件に関しては《No.61 ヴォルカザウルス》よりはまだ出しやすいという程度でありかなり難易度は高い。素材生成向けの下級モンスターには《龍炎剣の使い手》《パンチ・フレイム・ザウルス》《魔導戦士 フォルス》などが存在するがお手軽に素材2体を揃えられるようなカードは基本的にないためリスク覚悟で《キュゥべえとの契約》も併用する方が無難。


  • 原作・アニメにおいて―~
ハートフル ボッコ 魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物。他の登場人物より一足遅れての第4話での登場となるベテラン魔法少女でありマミのかつての弟子。
「自分以外のためには決して魔法を使わない」を信条としており魔女狩りもグリーフシードを手にしてそれを使って自分が面白おかしく生きるため程度のものくらいにしか考えていない。そのため街の平和のために戦ってきたマミの姿を見てその後を継ごうとしていたさやかとは考え方の違いで初めは対立することになる。

本来は質量を持った幻惑で時には相手を惑わし時には攻撃の手数を劇的に増やす強力無比な固有魔法の使い手だったが、過去のトラウマに起因して封印しており最早自分でも使うことはできなくなっている。そのため現在の彼女の戦闘スタイルは多節槍を自在に操る近~中距離戦や結界といったオーソドックスな魔法を用いた正攻法のみとなっている。しかし本来の能力が使えない現在でもベテランにふさわしい実力を持った強力な魔法少女である。

+ ...

関連カード