《キュゥべえとの契約》

永続魔法
「キュゥべえとの契約」はフィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。
1ターンに2度まで、次のどちらかの効果を使用できる。
●:自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体のレベルを1つ上げる。
●:自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の属性を変更する。
このカードの効果を使用したターンに、
自分が「魔法少女」と名のついたモンスターのエクシーズ召喚に成功しなかった場合、
エンドフェイズ時に自分は4000ライフポイントを失う。 

「ボクと契約して、魔法少女になってよ!」 

オリジナルカード-Appendix-で実装された永続魔法。
自分フィールド上のモンスターのレベルを1上げる、または属性を変える起動効果を持つ。

誓約上属性を指定するエクシーズモンスターである魔法少女のサポートカードとして運用するのが基本。1ターンに2度という発動回数からレベル・属性調整どちらにも中々応用が利く。
とはいえフィールドに残り続ける永続魔法という性質と致命傷レベルのライフコストの影響で運用には重すぎるリスクが伴う。永続魔法であるため実用的なサーチ手段にも乏しいためあまりこのカードに依存していると何もできないまま押し切られることも珍しくない。

できるだけ頼らない構築を目指したいカードではあるのだが《魔法少女 佐倉杏子》に関しては完全に単独特化型の構築にでもしない限り正直使わないことにはやってられないレベルで出しづらいためそういったリスク込みでも頼らざるを得ないというのが現実である。
《魔法少女 暁美ほむら》は属性の恩恵が大きく無理にこのカードを使う必要は無いが、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》と《D-HERO ディアボリックガイ》を用いることでカード消費1枚での高速展開が行える他各種下級闇属性モンスターが素材1体分に計上できることなども考えれば採用しても損はない。
なんだかんだ性能自体はそれなりに高いため各種魔法少女を適度に織り交ぜつつできるだけ腐らせず頼りすぎずのバランスを取りたいところ。

  • レベルを上げる調整はできるが下げることはできないため《魔法少女 美樹さやか》にとってはやや使いづらい。レベル3モンスターを使えば属性調整の恩恵を授かることはできるが、そうすると比較的容易に出せる切り返し手段である《魔法少女 巴マミ》が使いづらくなるというジレンマを抱えている。

  • ライフコスト4000という代償を払えるのであれば魔法少女に限らず様々なシンクロ・エクシーズモンスターの素材調整に使える。基本的にはただの自殺行為にしかならないので避けたいところだが《魔法少女 暁美ほむら》《スターダスト・ドラゴン》が並ぶ状況などを作れれば相当の優位を築けるため状況によっては狙いに行ってもいい。

  • 永続魔法だがレベルの上昇と属性の変更、エンドフェイズのライフコストは残存効果であり、このカードが場を離れたり無効化されても持続する。その為コストの踏み倒しは基本的に出来ない。

  • 効果の発動にチェーンしてなんらかの除去を行っても効果は適用されライフコストが発生する。二回使用しなければエクシーズ召喚の条件を満たせない状況で一回目の効果の発動に対して除去をされた場合、素材用のモンスターが場に残った上に膨大なライフコストを支払う羽目になる。二回使用する場合は伏せ警戒を強めた方が良いだろう。

  • 原作・アニメにおいて―~
ハートフル ボッコ 魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物、魔法の世界の使者ことキュゥべえが第二次成長期の才能ある少女に対して持ちかける契約。少女は魔法少女となり世に絶望を撒き散らす存在である魔女と戦う存在となる代わりにどんな願いでも1つだけ叶えてもらえるというもの。
願いはたとえ条理にそぐわない奇跡であっても大抵のものであれば叶えてもらえる(不老不死・認識改変・人体錬成等)。更に特別大きな才能を持つ少女が願えば世界の法則そのものを根底からねじ曲げることさえ出来る。そのため本来どれだけ努力しても成し得ない願いを叶えるために命がけの戦いに見を投じる少女は少なくない。
その他にもキュゥべえは倒した魔女が落とす魔女の卵「グリーフシード」を安全に処理できる唯一の存在であり、その愛くるしい小動物のような外見も含めて魔法少女には欠かせないマスコットである。

+ ...

発動時メッセージ―
「ボクと契約して、魔法少女になってよ!」

関連カード