《魔法少女 暁美ほむら》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/闇属性/魔法使い族/攻2600/守2800
闇属性レベル6モンスター×2体以上
このカードの攻撃力・守備力は、このカードのエクシーズ素材の数×200ポイントアップする。
このカードが破壊される場合、墓地へ送られずエクストラデッキに戻る。
このカードが持っているエクシーズ素材の数によって、このカードは以下の効果を得る。
●1つ以上:このカード1体が相手のコントロールするカードの効果の対象になった場合、その効果を無効にする。
●2つ以上:相手モンスターの攻撃宣言時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、相手モンスターの攻撃を無効にする。
●3つ以上:1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で相手に1000ポイントのダメージを与える。
●4つ以上:このカードはカードの効果では破壊されない。 

「あなたの為なら、私は永遠の迷路に閉じ込められても構わない」 

オリジナルカード-Appendix-で実装された、闇属性・魔法使い族のエクシーズモンスター。
エクシーズ召喚時の素材を任意で増やす事ができ、エクシーズ素材の数に応じて攻守が上昇する永続効果と破壊時にエクストラデッキに戻るルール効果、エクシーズ素材の数によって付与される複数の効果を持つ。

攻撃力の上昇幅自体は微々たるものだが、素のステータスが最上級モンスターとしては微妙に足りないラインのためそのわずかな上昇が大きく活きる。最も使われることが多い2体素材時のステータスは3000/3200と自身の攻撃阻害効果の存在もあって攻防共にかなりの高水準になる。

自身の持つエクシーズ素材の数によって効果が付加されていく。
  • 対象効果無効
1つ以上で発現。この状態からエクシーズ素材を能動的に消費する効果は持たず自身のルール効果の存在によって蘇生される機会も殆どないためほぼ常時発動する効果と考えても問題ない。最上級モンスター相当の召喚制限を持ち安易な蘇生・帰還戦術も使えないこのカードにとって耐性は非常に重要。発動条件が限りなく緩いことも高評価。
単純に耐性として強力なことに加え、《禁じられた聖杯》や《次元幽閉》《因果切断》といったこのカードの機能を停止させるカードを無力化できるという意味でも非常に重要。
あまり狙えるようなものでも狙うようなものでもないが《エクシーズ・リボーン》による蘇生でも発動させることができる。
  • 攻撃阻害
2つ以上で発現。《No.39 希望皇ホープ》の効果を相手モンスター限定の代わりにOCG同様全攻撃対応にしたような効果。ただし2体エクシーズで召喚されることが多いため実質的な発動回数の期待値では劣る。
対象効果への耐性が除去やメタカードへの対応策だとすればこちらは戦闘面での対策だといえる。相手が咄嗟に大型モンスターを出せるカードなどを使って不意に反撃をしてきた時に攻撃を止め、返しのターンで手札に握っておいた対応策で反撃を不発に終わらせるというのが理想的な運用法。
その他にも《魔法少女 巴マミ》《H-C エクスカリバー》などの一時的な攻撃力ブーストを止めたり、守備表示で出されることも多いこのカードを狙い撃ちに来た《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《紅き月 レミリア・スカーレット》への時間稼ぎ、《N・モグラ・モール》《異次元の女戦士》などの自爆特攻への対応など基本的には時間稼ぎに過ぎないものの仮想敵は多い。
ただし現在自分自身への攻撃を止められないという割と致命傷レベルのバグがありこうした戦術が取りづらいため、別にこのカード自体の性能とは一切関係ないところで微妙に評価が下がっていたりする。
  • 1000ダメージバーン
3つ以上で発現。最大で3000ポイント分のライフアドバンテージにも繋がるものの効果を使えば使うほどこのカード自身が弱体化する性質に加え発動回数に制限もあるので他の効果と比べるとやや見劣りする。
とはいえバーンとしては1000ポイントは決して低くはないので最期のひと押しとして使うのであれば悪くはない。
  • 破壊耐性
4つ以上で発現。そう安々と狙える召喚条件ではないが上記した諸々の耐性効果と攻撃力上昇効果の影響もあって発動できれば絶対的な防御力・制圧力を得るに至る。

これらの効果は重複するため4体以上でのエクシーズ召喚に成功すればその耐性は非常に強固なものとなる。唯一防御力に関係しない3体エクシーズを行う利点は効果よりも攻撃力を3200ラインに載せることで《レッド・デーモンズ・ドラゴン》や《青眼の白龍》のような場に出す手段の豊富な3000ラインを持つこのカードが本来苦手としているカード群とのパワー勝負で明確な有利を築くための意味合いが近い。逆に言えばこれらのカードが採用されてないようなデッキとの勝負ではわざわざ貴重なレベル6の闇属性モンスター素材を1体増やしてまで狙う必要性は薄い。相手にもよるが基本的には2体もしくは4体でのエクシーズ召喚を狙うのが基本になるだろう。

破壊時に自身をエクストラデッキに戻すルール効果は使い回しができる長所と《エクシーズ・リボーン》や各種蘇生カードが使えない短所を併せ持つが、このカードの場合そのスペックの高さとエクシーズ素材の数に能力を依存する性質から長所の方が勝る。そしてこの効果の存在こそが「効果自体は強力だが1度しか使えないのでデッキの主役としては使えない」という悩みを抱える他の多くのシンクロ・エクシーズモンスターとこのカードの1線を画す点である。近年では非常に珍しい単独でデッキの主役になれるだけのスペックとデッキの主役になるための土台の2つを併せ持った非常に恵まれたカードだといえる。
ただし破壊以外の方法でフィールドを離れた場合当然ながら効果は適用されない。とはいえ対象効果は受け付けずルール効果のため効果を無効化されてもエクストラデッキに戻るので現実的に警戒するようなカードは《異次元の女戦士》くらいのものだが。

召喚条件は決して楽ではないが闇属性という属性の恩恵が大きく、その豊富なカードプールから2体でのエクシーズ召喚くらいであれば狙えるギミックは結構な数存在する。
詳しくは【魔法少女】にて。

弱点としては所持している効果が尽く守備的なもので攻撃阻害効果もあくまで一時的な時間稼ぎに過ぎないため4000クラスの法外な打点を持つモンスターに対してこのカード単独ではどうやっても状況を切り開くことはできない点がある。優位を確固たるものにするという点では全カードでも屈指の性能だが不利な相手に対してはとことん弱い。
こうした数少ない弱点をプレイヤー側で補ってあげることでこのカードは本当の意味で完全な防御力を発揮するのである。
強力な効果を持つが、このカード単独では圧倒的な力を持つ相手にはどうやっても敵わないという所は原作での立ち位置を再現しているものと言える。

破壊時メッセージ―
魔法少女 暁美ほむら「いいえ。私の戦場はここじゃない」
魔法少女 暁美ほむらはエクストラデッキに戻った

効果無効化時メッセージ―
ほむらが時を止め対象を取る効果を回避した!

攻撃無効化時メッセージ―
ほむらが時間を操り《モンスター》の攻撃を無効にした!

バーン効果発動時メッセージ―
ほむらが武器を使って直接攻撃を仕掛ける!

効果破壊無効化時メッセージ―
幾度となくループを繰り返してきたほむらの強い意志は効果破壊に屈しない!

  • 原作・アニメにおいて―~
ハートフル ボッコ 魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物。見滝原中学校のまどか達のクラスに転校してきた転校生にして魔法少女。美しい黒髪ロングストレートヘアの持ち主であり作中でも美人という描写は強調されている。容姿端麗・頭脳明晰・運動神経抜群と三拍子揃った完璧超人。
ベテラン魔法少女である マミ杏子をして底が知れないと言わしめる程の特異な能力を所持しており実際に大半の魔女を瞬殺できるだけの火力と近接戦闘を得意とする杏子を手玉に取る程のスピードを併せ持ちその戦闘能力も非常に高い。
本編における狂言回しのような存在であり潜在的に非常に高い適正を持つまどかが魔法少女になることを好ましく思っておらず、作中度々神出鬼没に現れてはまどか達魔法少女候補達に忠言を残している。そのため魔法少女でありながらキュゥべえを敵視しており、まどかが契約をせざるを得ない状況に追い込まれた時に現れては問題を解決してそれを阻止していく。

+ ...

関連カード