《天輪星スタンフォード・トーラス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/光属性/機械族/攻2700/守3000
レベル9モンスター×2
相手が魔法・罠カードを発動した場合、相手プレイヤーに600ポイントのダメージを与える。
1ターンに1度、相手ターンのエンドフェイズ時にこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で発動する。
相手フィールド上にセットされたカード1枚を破壊する。 

光属性・機械族のエクシーズモンスター。

ランク9のエクシーズモンスターで、ダメージを与える効果と、セットカードを破壊する効果を持つ。

レベル9のモンスターを二体用意しなければならないため、召喚するにはひと工夫必要となるモンスター。《タンホイザー・ゲート》や《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》《ホログラム・プロジェクション》を使用するなどして素材をそろえるといい。

ダメージを与える効果は状況が限られており、なおかつそれほど大きいダメージではないので、そこまでアテにするような効果ではない。だが、エクシーズ素材を使う効果でもないため、あって困らない効果というわけでもない。
もう一つおまけで言うならば、相手のライフが残り少ない状況においてはプレッシャーをかけることもできる。

エクシーズ素材を使用して発動するセットカードを破壊する効果は、エンドフェイズでしか発動できないものの相手の行動を妨げ、自分ターンでの攻撃を通しやすくする効果である。いわゆるエンドサイク。というか、《サイクロン》を組みあわせればなおさらいやらしい。
さらにいうならば、魔法・罠に対象が限られていないためセットモンスターを破壊することができる。相手は守備モンスターで身を固めることすら難しくなるだろう。
この効果は《月の書》との相性も抜群で、攻撃してきたモンスターを裏側守備に、効果を使って破壊すると言った戦術をとることが可能。

総じて、自分が優位で攻めているときにこのカードは最も力を発揮するだろう。(守備力のほうが高いけど)

同一の素材を使うことができるため、《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》とセットでエクストラデッキに入れておくといい。状況によって使い分けよう。

  • 元ネタにおいて
スタンフォード・トーラスとは、万単位の人間が住むことができるスペース・コロニーの設計である。名前はアメリカ航空宇宙局の夏季セミナーの行われた場所、スタンフォード大学に由来する。(詳しくはウィキペディア先生にでも聞いてください)
名前としては《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》を意識したものとなっている。

関連カード