※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《調査兵団の馬》

ユニオンモンスター
星2/地属性/獣族/攻400 /守400
(1):1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして 自分フィールド上の「調査兵団」モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
装備モンスターの攻撃力・守備力は400ポイントアップする。
 (1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。) 

調査兵団モンスターを対象とするユニオンモンスター。

ユニオンとしての性能はステータスの伸びでは平均よりやや下回るが破壊全般に対する身代わりとして扱えるので《調査兵団 人類最強の男リヴァイ》につける保険としては優秀。
またユニオンモンスターの性質上このカードを装備して上昇したステータスを盾に1ターン装備対象とこのカードが生き残れば次のターンでユニオン解除することによって2体のリリースを確保出来る。展開力が高く攻撃力もそれなり程度にはある《調査兵団 ジャン》と組み合わせると狙いやすい。
その他特徴として攻撃力500以下のレベル2モンスターなので、《調査兵団 サシャ》からサーチ可能で《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》両者に対応するシンクロ素材として活用できる点がある。

ただし馬だからしょうがないのだが現状戦士族統一の調査兵団モンスターで唯一例外的な獣族なので各種戦士族サポートを共有出来ない他《不死武士》の効果を阻害してしまうのがネックとなる。
一応馬であることのメリットとしては《エアーズロック・サンライズ》などのビーストサポートがあるがこのカードのステータスや展開手段の豊富さを考えると殆ど旨味がない。

デッキタイプによってかなり評価が分かれるが調査兵団モンスターそのもののカードプールが乏しいこともあって《不死武士》を用いない場合は充分採用圏内と言っていいだろう。



  • 原作・アニメにおいて―
別冊少年マガジンで連載中の漫画「進撃の巨人」の登場動物。
馬。壁外での哨戒活動を主な任務とする調査兵団のために品種改良された種であり、巨人が跋扈し立体機動装置をフル活用できる遮蔽物にも乏しい壁外の世界で行動するための必需品。
一応最高速に達すれば走行できない一般的な巨人程度なら振りきれるはずなのだが作中においては大体例外的な存在(奇行種・有知性など)に蹂躙されるかわいそうな役回り。



関連カード