《しんしゅポケモン ミュウ》

シンクロチューナー【ポケモン】
星5/光属性/サイキック族/攻 0/守 2500
チューナー+チューナー以外の【ポケモン】を持つモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズに発動する事ができる。
ゲーム中に存在する全ての通常魔法・速攻魔法カードの中から1枚をランダムに選択し、その魔法カードの効果を発動する。

いでんしには すべての ポケモンの じょうほうが ふくまれているので あらゆる わざが つかえるという。

素材に【ポケモン】を指定するレベル5シンクロチューナー。

単にチューナーとして見た場合はあまり優秀とも言えないレベル5で効果もあってないようなものだがステータス自体はブロッカー及び展開に非常に優秀。
攻撃力0のサイキック族シンクロモンスターなので《デブリ・ドラゴン》《リミット・リバース》《ウィキッド・リボーン》《サイコ・チューン》など豊富な蘇生カードに恵まれ、《ガスじょうポケモン ゴースト》《イージーチューニング》《ミラクルシンクロフュージョン》など除外手段を絡めた帰還戦術も実用的であり一度召喚さえしてしまえば縦横無尽の立ち回りが可能。

だが単純に汎用的なシンクロ召喚を行うだけなら別にこのカードにこだわる必要性は薄くかといって【ポケモン】がこのカードを使ったからと言って出しやすくなるかと言えばそんなことも殆どなかったので、唯一のレベル1【ポケモン】である《へんしんポケモン メタモン》と合わせて《こくいんポケモン ゼクロム》の召喚とメタモン共々豊富な展開手段を活かして指振り効果の試行回数稼ぎを両立するという非常にニッチな需要以外では滅多に使われないカードだった。
シンクロチューナーとしてこのカードが出た時点でシンクロモンスターとして追加されるであろうと言われていたミュウツーが長らく表れなかったためこの辛い時代は思いの外長引いたが、この度めでたく《いでんしポケモン ミュウツー》として実装されその反則的なスペックの相方としてこのカードも環境にその数を急速に増やしている。 はいはいおめでとうすごいすごい

特に《ガスじょうポケモン ゴースト》とは《いでんしポケモン ミュウツー》を立てるためのカードとして極めて好相性でこのカードのシンクロ召喚で墓地に送られた【ポケモン】をコストに《ガスじょうポケモン ゴースト》を召喚することで即座に《いでんしポケモン ミュウツー》の召喚条件を整えられるという単純明快な運用の他、墓地のこのカードを《ガスじょうポケモン ゴースト》で除外し《D・D・R》で帰還させるという奇襲性が高い上召喚権を使用しないので《アームズ・ホール》《スーパーボール》といったサーチカードをフル活用できるコンボも可能。しかもこれが《いでんしポケモン ミュウツー》への除外対策を兼ねバウンスされた《いでんしポケモン ミュウツー》を再展開するための手段としての利便性さえも高い。



  • 原作・アニメにおいて―~
任天堂・ゲームフリーク制作のゲーム及びそれを土台とした作品群「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモン。図鑑Noは151でポケットモンスター赤・緑(初代)に登場する151匹のポケモンの栄えあるラストを務める。

ゲーム本編以前に絶滅した幻のポケモンと言われる存在でありゲーム本編中では終盤のグレンタウンにある日誌でその存在が僅かに語られるのみである。因みにギニア(南アメリカ)で発見されたという現在ではインド象と並ぶ黒歴史設定である。
元々はミュウの持っていた多様な遺伝子を遺伝子操作で戦闘力に特化させたミュウツーの設定に箔を付けるためだけの存在だったのだが、デバッグプログラムを抜いた後僅かに出来た容量の空きにスタッフがお遊びで1ポケモンとしてねじ込んだことがきっかけでその存在が確認される。
デバッグ後に無理矢理新たなポケモンをねじ込んだせいで初代は適当にセレクト押してるだけでバグるような超ヤバいゲームになった
バグがなければそもそもミュウの存在自体表に出ることはなかった
など虚か実か逸話には事欠かない。

ゲーム本編では手に入らない幻のポケモンという設定やそれが割りかし現実的な難易度で手に入るバグなど良くも悪くもブーム初期~中期におけるポケモンの口コミ人気を過熱させた存在。またその存在が知れ渡るに従い公式側も各種媒体にミュウを登場させたり正規のミュウをイベントで配布したりなどブームに思いっきり乗っかり大成功を収めついにはミュウツーと共に映画の主役にまでなった。
こうした事情やその圧倒的存在感から後のシリーズにも幻のポケモンと言われる配布限定ポケモン達が登場するようになり定期的に再録されており未所持でも図鑑評価への影響もないとはいえ、数年に一度の配布でしか手に入らない性質上その名の通り全ポケモンコンプへの最大の壁としてコレクターに立ちはだかる。

アニメでは幻枠がミュウ以外にも増えた影響なのかそもそもの設定から別物なのか絶滅危惧種という設定はなく、複数個体の存在が確認されており人間の前にはめったに姿を表さないだけでポケモン達にとってはそこそこ珍しい程度の存在として扱われている。

ゲーム中ではオール100という高水準で平坦な種族値と全てのポケモンの遺伝子情報を持つという設定を再現した(習得機会がある技なら)全ての技を習得可能という特徴を持つ禁止級伝説ポケモン。
一般ポケモンとしては強力でも禁止級伝説ポケモンとしてはやや低めの能力値だがとにかく豊富な技から繰り出される行動の多様さが脅威で読みが機能せずしかもやたら固いため全てのミュウを完封できるポケモンというのは禁止伝説まで含めてもかなり限られる。
そのため種族値面で大抵の禁伝ポケモンに劣る600族幻ポケモン達の中では比較的強い1体とされている。だがその強さを支えているのは各世代ごとのわざマシン・教え技なので定期的に再配布が 最新作で 行われている幻ポケモン達の中でも対戦用の実用個体の入手難度は群を抜いている。

+ 第一世代

+ 第二世代

+ 第三世代

+ 第四世代

+ 第五世代

+ 第六世代