《魔法少女 鹿目まどか》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/魔法使い族/攻2500/守3000
光属性レベル7モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は「魔法少女 鹿目まどか」以外の「魔法少女」Xモンスターがこのデュエル中にX召喚に成功した回数×800ポイントアップする。
(2):このカードのX素材を1つ取り除き、相手の魔法・罠カード1枚を対象として発動する。選択したカードを破壊する。この効果の発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。
(3):X素材を3つ以上持つこのカードはカードの効果によって破壊されない。
(4):X素材を4つ以上持つこのカードが戦闘によって相手モンスターを破壊して墓地へ送った時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分のデッキからカードを1枚ドローする。


オリジナルカード-groovy-で実装された、光属性・魔法使い族のエクシーズモンスター。
自身以外の魔法少女モンスターのX召喚成功回数だけ自身の攻撃力をアップする永続効果、X素材を取り除く事で表側も破壊できる《神炎皇ウリア》のような起動効果の2つを素材の数に関わらず持ち、
更に特定枚数以上のX素材を持つ事により、破壊耐性永続効果と戦闘破壊をトリガーにしたドローの誘発効果が追加される。

1体でも他の魔法少女をエクシーズすれば3000ラインは超えるものの、性質上【魔法少女】の専用構築以外ではアタッカーたりえず、序盤に特殊召喚する事も些かためらわれる能力値。
強力な魔法罠除去効果に一ターンの回数制限は無いので、中盤以降のフィニッシャーとしての運用が主になるが
光属性レベル7というのも他の魔法少女と比較するとやや重たく、同ランクに咲夜エラッタが入っても尚強力な《No.11 ビッグ・アイ》が居るのも厳しい所。
ランク6を先出ししてからの《RUM-ソウルジェム・フォース》でのランクアップが主な出し方になるだろう。

《魔法少女 暁美ほむら》よりも1つ少ないX素材での効果破壊耐性は心強い物だが、戦闘まではカバーしていない事もありやはり素の状態だと攻撃力が心許ない。
場況が煮詰まるにつれて出す価値がアップしていくのは劇中再現と同時に主人公補正の表れだろうか?
反面ドロー効果はそれほど素材が集まっているのなら無理に狙う必要も無く、魔法罠破壊に回した方が制圧に適しているだろう。

  • 咲夜CGIにおける9期統合テキスト第一陣である。同日実装の中で旧テキストなのは《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》のみ。


  • 原作・アニメにおいて―~
ハートフル ボッコ 魔法少女アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物であり 舞台装置 主人公。
キャリアウーマンの母詢子、主夫の父和久、3歳の弟タツヤに囲まれ暮らすごく普通の中学2年生、だったのだが…?
彼女の運命は、夢の中に出てきたミステリアスな転校生『暁美ほむら』の存在を皮切りに大きく流転していく。

+ ...