※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《変容王 ヘル・ゲル》

星1/水属性/悪魔族/攻100 /守0
(1):このカードの召喚に成功した時、自分フィールドのレベル4以下の表側表示のモンスター1体を選択して発動できる。
このカードのレベルは選択したモンスターと同じになる。 
その後、このカードの元々のレベルとそのレベルの差分×200ポイントライフを回復する。

 水属性・悪魔族のチューナー。召喚成功時に、自身のレベルを変動させる効果、さらにそれに伴うライフ回復効果を持つ。

 自身の効果により、名は体を表すがごとく器用な立ち回りの可能なチューナー。また、属性や種族、低レベル、低ステータスなど、注目できる点が非常に多い。

 水属性モンスターと言う事で《強欲なウツボ》に対応し、低攻撃力であるため《サルベージ》により墓地から容易く手札に加えられる。また、レベル変動効果は使えなくなってしまうが、《グリズリー・マザー》や《ヘル・セキュリティ》にも対応している。

 また、それらの要素を見ずとも、他のレベルとしても活用可能なレベル1チューナーと言う事で非常に汎用性が高く、チューナーに困ったら一先ず採用しておける候補に挙がる程、その効果は使いやすい。

 だが前述の通り、効果の発動は通常召喚権を使うことになる。豊富な展開手段に対し、他の素材の確保に展開手段を裂く必要も出てくるため、その点に関しては少々効果がかみ合わないようにも見えるかもしれない。だが、サポートカードの多さを考えると、贅沢な悩みとも考えられる。そのため、デッキこそ選ぶが手札に加える《サルベージ》は特に高相性のカードと言える。

 無論、効果を発動しなれればレベル1チューナーなので、レベル4闇属性モンスターのレベルをコピー、《焔魔竜 レッド・デーモン》をシンクロ召喚しつつ、墓地に落ちたこのカードを《シンクロコール》等で使いまわすことで、チューナーがこのカード1枚だけでも《焔魔竜 レッド・デーモン・アビス》、そこから効果で派生して《焔魔竜 レッド・デーモン・べリアル》、デッキにもう一枚レベル1チューナーが居ればまたその効果で《焔魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ》への進化が可能となる。

 レベル変動効果は、他のモンスターを参照する関係上、基本的にはそのモンスターとのシンクロを行う場合は偶数レベルのシンクロモンスターしか繰り出すことができない。

 だが、レベル変動効果と組み合わせれば話は別。特に《アンブラル・ゴーレム》との相性は抜群で、レベル変動効果のタイミングを工夫するだけで、レベル4~8のシンクロモンスターに即座に対応してくれる。加えてこのカード同様《ヘルウェイ・パトロール》に対応し、相手の攻撃を防ぎ状況次第ではターンを凌げる効果まで持っているので、何から何までこのカードとの相性がよい。

《ハイ・キューピット》や《グロリアスセブンの精霊使い リーザ》と合わせて使おうとか考えているキミ。あなたはきっと筆者のお友達だ。

  • 原作・アニメにおいて―~
 漫画版「遊戯王5D's」において、ジャック・アトラスの使用するチューナー。


関連カード