《絶対王 バック・ジャック》

星1/闇属性/悪魔族・チューナー/攻0 /守0
このカード名の(1)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手ターンに墓地のこのカードを除外して発動できる。 
自分のデッキの一番上のカードをめくり、そのカードが通常罠カードだった場合、 自分フィールドにセットする。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。 この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

 闇属性・悪魔族のチューナー。OCGに同名のカードが存在しているが、細部が異なっている。

 OCGのモノと異なっている点は二点。墓地へ送られた時の、デッキトップをめくる効果が無くなったが、代わりにチューナーへと変更されている。

 めくる効果が消失したため、効果を成立させるためには絶対王者のフィールが必要になってくる。だが、それを加味した上でも、チューナーとなったことは大きい。

 そのまま闇属性・悪魔族・レベル1のチューナーとして使ってよし。《焔魔竜 レッド・デーモン・べリアル》の効果対象となるので、その先の進化を行う過程でデッキから引っ張り、効果発動を狙うもよし。発動の成立こそ難しくはなったが、その一方で別の使い方が可能と、単純な弱体化とは言い難い。

 無論、発動をより正確に狙うならば一工夫必要。《ゾンビキャリア》や《魔導書整理》、平行世界のジャック繋がりで《ダーク・リペアラー》等の補助は必要不可欠となる。ただし、(OCG版にも言えることだが)《大嵐》等で魔法・罠ゾーンを更地にされた際の奇襲的罠セットを狙うには相当な読みが必要とされる。

 あるいは、自身の除外を逆手に取り《闇次元の解放》等のような帰還ギミックと組み合わせるという手段もある。
 相手ターンを経由しなければならないため1ターンのラグはあるものの、任意のタイミングで自身を除外できるレベル1チューナーは少ないので、充分な個性を秘めていると言える。

 なお、原作にはデッキトップ確認の効果が無かったので、逆にチューナーとなったこちらの方が高い再限度が成されている、とも言えるかもしれない。

  • 原作・アニメにおいて―~
 漫画版「遊戯王5D's」において、ジャック・アトラスの使用するチューナー。


関連カード