※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《忍者頭領 ガラ》

通常モンスター
星6/風属性/戦士族/攻 2550/守 1700
(フレイバーテキストがありませぬ)



 咲夜オリジナルカード第一期で登場した、風属性・戦士族の上級モンスター。
 生け贄1体で召喚できるデメリットのないモンスターの中では《フロストザウルス》に次ぐステータスを誇る。
 上級の打力不足に悩まされてきた戦士族デッキ、あるいは通常モンスターのサポートカードを多用するデッキで活躍が見込めるだろう。

 忍者の名を持つモンスターの中でレベルが最大の為、素の状態では《忍法 変化の術》に対応するバリエーションが最も多い。
 このモンスターからしか変化できないカードは《ネフティスの鳳凰神》、《ダーク・ネフティス》、《始祖神鳥シムルグ》、《モザイク・マンティコア》、《デスサイズ・キラー》、《鉄鋼装甲虫》。
 《始祖神鳥シムルグ》はこれまでの《忍法 変化の術》による攻撃力の最大値を超えており、自身のバウンス効果こそ使えないものの、《忍者頭領 ガラ》を生贄なしで召喚できるようになるため相性がいい。
 《ネフティスの鳳凰神》は攻撃力こそ低いものの《忍法 変化の術》のデメリット効果と非常に相性が良く、自壊しても再度自己蘇生するどころか、相手ターンのエンドフェイズに《非常食》などを使うことによって簡単、能動的に《大嵐》効果を使用することが可能。エンドサイクならぬエンド大嵐である。

 またこのカード自身も戦闘に大きく不安の残る他の下級忍者達とは違い、攻撃力が2550と高く、帝や《人造人間−サイコ・ショッカー》、《E・HERO ネオス》、《ブラック・マジシャン》さえ殴り倒せる上に《忍法 変化の術》によるサクリファイス・エスケープすら可能とかなりの戦闘力を持っている。
 勿論バニラモンスターであるからサポートも豊富。基本はこのカードで攻め、《忍法 変化の術》は防御用と割り切ってしまうのもありだろう。
 ただし、通常のOCGにおける【忍者】には上級モンスターを通常召喚するためのギミックもバニラサポートも存在しない為に、このカードを用いる場合は専用の構築が必要になる。

  • ちなみに、レベル9のモンスターにも変化可能だが、該当モンスターがいない。

  • 忍者と名の付くモンスターの中で破格のレベルとステータスを持つのでこれから登場する忍者サポートによっては文字通り化けるかも知れない。

  • 《忍者マスター SASUKE》と、どちらが偉いのだろう?

  • 《シンクロ・ヒーロー》使った方が手っ取り早いとか言ってはいけない。

攻撃名は 「ムラサメ・ブレード!」

  • 元ネタ―~
漫画「BASTARD!」に登場。 主人公である魔人D・S直属の四天王の一人。
屈強な肉体の大男であり、超人的な忍術と剣法を誇る。豪快でユーモラスな性格。



関連カード



関連リンク