《キメラテック・フォートレス・ドラゴン(原作アニメ版)》

融合モンスター
星8/闇属性/機械族/攻 0/守 0
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター4体まで
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの融合召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。
このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ相手モンスターを攻撃する事ができる。
このカードの攻撃によって受けるお互いの戦闘ダメージは0となる。
このカードが攻撃を行った場合、ダメージステップ終了時に相手ライフに400ポイントのダメージを与える。 


咲夜オリジナルカード第一期で登場した、闇属性・機械族の融合モンスター。
融合素材にしたモンスターの数だけ攻撃することができ、
OCG版の高い攻撃力の代わりに戦闘ダメージを0にする効果と相手に400ポイントのダメージを与えるバーン効果を得た。

このモンスターで20回の攻撃を成功させることができれば1ターンキルも可能である。
しかし、攻守ともに値が0であり、戦闘破壊耐性を持たないため、《エネミーコントローラー》や《月の書》で表示形式を変更しなければ簡単に破壊されてしまう。
《ミスト・ボディ》や《明鏡止水の心》で守るのも手か。

また、効果破壊に対する耐性も持たないため、相手の伏せカードにも何らかの対策が必要だろう。
数十体もの機械族モンスターを融合して召喚したとしても、相手の《聖なるバリア-ミラーフォース-》で破壊された、ではお話にならない。
次のターンに《ライトニング・ボルテックス》が飛んできて破壊された、ということもあり得るので、このカードを融合召喚したターンに決着をつけるのが望ましいだろう。

  • OCG版の《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の枚数に関係なく三枚入れることができる。

OCG版同様、このカードを指定して《未来融合-フューチャー・フュージョン》を発動することで任意の機械族モンスターを墓地に送ることができる。
このカードの場合OCG版と違い、特殊召喚に成功した時のフィールド上のカードを墓地に送る効果が存在しないため、純粋な墓地肥やしとしての戦術を遂行することができる。


  • 原作・アニメにおいて―

ヘルカイザー亮VSヨハン(ユベル)戦においてヘルカイザー亮が使用。
墓地に存在する5体の機械族モンスターを《オーバーロード・フュージョン》で融合し、特殊召喚された。
アニメでは戦闘を行うときにダメージ計算を行わない効果であったため、相手モンスターの表示形式を変更する必要は無かった。
なお遊戯王カードWikiによると《キメラテック・オーバー・ドラゴン》と同じく他の自分フィールドのカードを墓地に送る効果もあったようである。
攻撃名は「レボリューション・レザルト・アーティラリー」。
5回目に攻撃した時のヘルカイザーの台詞、「ダイゴダァ!」がファンの間では人気である。