《上級魔術士の呪文詠唱》

速攻魔法
フィールドの魔法・罠ゾーンにセットされたカード1枚を選択して発動する。
選択したカードをめくりそれが通常魔法だった場合、そのカードを強制的に発動させる。

フィールドにセットされた伏せカードを確認し、通常魔法ならばその場で発動するという速攻魔法。
《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果と違い、発動条件やコストを無視する事は出来ない点に注意。

相手のフィールドのカードに使うか、自分のフィールドのカードに使うかで使い方が変わってくる。
相手フィールドのカードに使う場合、最悪でも一枚のピーピングが可能ではあるが効率は悪い。
相手が伏せたカードが《貪欲な壺》などのまだ発動できないブラフの通常魔法ならば効果を不発に出来1:1交換が可能ではあるものの、
それを狙い撃ちする事は難しいだろう。

よってこのカードの使い道は、自分の場に伏せた通常魔法を速攻魔法的に運用するところに主眼が置かれるだろう。
ミラーフォース・激流葬などが無いと判断し大量展開をかけてきた相手に対し、このカードで《ライトニング・ボルテックス》を発動したり
相手の《融合》にチェーンして《手札抹殺》を発動するなど、タイミングを見計らえば「奇襲」として大きな効果をあげる事が出来る。

「自分フィールドのモンスターを生贄に捧げる」効果の通常魔法をチェーン発動する事で、相手の除去などを空振りにする事も出来る。
《炸裂装甲》にチェーンして《無情の抹殺》など。また、モンスターを召喚する効果の通常魔法ならば召喚したそのモンスターでさらに追撃をかける事も可能。

相手ターンに《アームズ・ホール》《黒魔術のカーテン》など誓約効果のあるカードを発動させる事で、
そのデメリットを事実上打ち消す、といった使い方も可能。

  • 《大嵐》などの魔法・罠を複数除去するカードには注意。相手ターンである場合、このカードと発動したい通常魔法の最低2枚はフィールドに存在するはずなのでまとめて除去される恐れがある。

相手モンスターの攻撃によって自分のライフが尽きるタイミングで《魔法の筒》or《ディメンション・ウォール》を発動、
さらにチェーンしてこのカードを発動し、伏せた《大逆転クイズ》を発動するコンボが存在する。
相手のとどめの攻撃をトリガーとするワンキルであるためインパクトは大きいが、無論安定はしない。
お題デュエルで実際に使用されたことがある。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画GX3巻の「十代VS小日向星華」戦で、遊城十代が使用。
漫画では、手札からも魔法カードを発動する事が出来たが相手フィールドからは選択できなかったようだ。
十代の攻撃表示の《E・HERO オーシャン》が攻撃対象に選択され敗北の危機を迎えたため、
このカードの効果で手札から《融合》を発動、《E・HERO ジ・アース》を守備表示で特殊召喚して戦闘ダメージを防いだ。

関連項目