※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《忍法 隠れ蓑の術》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「忍者」という名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは裏側守備表示になり、このターン中表示形式を変更することは出来ない。


 《迎撃準備》は準制限カードの《月の書》の下位互換であるが、忍者と名のつくモンスターは全て戦士族なのでこれは更にその下位互換カード。更に発動対象が自分フィールド上に限定され、そのターン中表示形式が変更できないデメリットが付加されている。

 忍者には《忍者 ボルフォッグ》を含めリバース効果モンスターが多いので遊び方には困らない。相手ターンのエンドフェイズ時に使用すればデメリットは帳消しに出来る。また、《風魔手裏剣》のバーン効果を能動的に使ったりも出来る。

  • 《迎撃準備》を使用する際にも言えることだが《青い忍者》、《赤い忍者》をリバースした後、攻撃宣言を受けたときに発動すればダメージは入らず、さらに一枚魔法・罠を破壊できるため、奇襲になるだろう。《白い忍者》に使えばバトルステップ中発動の《シールドクラッシュ》となる。

  • 今後のサポートカードに期待がもたれる一枚。

発動時メッセージ『忍法・隠れ蓑の術! 《モンスター》は身を潜めた!」

関連カード