※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《おジャマンダラ》

通常魔法
1000LPを払って発動する。
自分の墓地に存在する「おジャマ・イエロー」「おジャマ・グリーン」「おジャマ・ブラック」をそれぞれ1体ずつ自分の場に特殊召喚する。  

オリジナルカード1期で登場したおジャマをサポートするカード。
おジャマ3兄弟を墓地から一体ずつ蘇生させる。

墓地に「おジャマ」三兄弟が存在すれば《おジャマ・デルタハリケーン!!》《おジャマッスル》の発動条件を即座に満たすことができる。
このカードのため、このCGIでは《おジャマ・デルタハリケーン!!》を発動するのが少し容易になっているといえるだろう。
墓地に3種類のおジャマが揃っていない場合は条件を満たせず発動できない点は注意。1体だけ蘇生し即リリース、といった芸当は出来ない。

以前は融合モンスターである《おジャマ・キング》及び《おジャマ・ナイト》も蘇生対象に入っていたのだが、
TF3でのオリジナルカードとしてこのカードが収録されたために当CGIでもエラッタされ、蘇生対象から外れた。
以前のテキストは
1000LPを払って発動する。自分の墓地に存在する「おジャマ」と名のついたモンスターを
自分フィールド上に可能な限り特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
ただし、フィールド上に存在する同名カードは特殊召喚できない。 
というテキストだった。
この場合、一度《おジャマ・キング》を融合召喚することで簡単に守備力3000の壁を得られるため腐りにくく、
《おジャマ・デルタハリケーン!!》から《右手に盾を左手に剣を》に繋げることで強烈な一撃を与えることもできた。
単純にいきなり4、5体のボードアドバンテージも得られるというのも迫力があった。
弱体化したと言うのは否めないが、当然の処置だろう。
最近新たに「おジャマ」と名のつく強力サポートモンスターが登場してきたため、相対的にこのカードが強化される事になったのも一因であろう。

《未来融合-フューチャー・フュージョン》、墓地コストを要するカード+《おジャマジック》からおジャマを墓地に肥やし、このカードの発動に繋げたい。
また、《おジャマ・キング》の融合、三幻神、三邪神の生贄に使用するなど、このカードを発動した後に残るおジャマの処理を考える必要がある。

  • 原作・アニメにおいて―~
アニメGXで万丈目が切り札として使う場面が多い。発動後、《おジャマ・デルタハリケーン!!》のコンボを決める。