働かない人。元の言葉自体の厳密な定義とはこの際異なる。

1.墓地を肥やす効果のカードを発動した際に、落としてほしいものを落としてくれない奴を指して呼ぶ。
 《カードガンナー》が貴重な魔法・罠のみを落としてしまったり《魔導雑貨商人》がモンスターを墓地へ送らず1枚目で魔法を引き当てたりした場合に、
 この○○はニートだ!などという風に使われる。
 何故か《ライトロード・ハンター ライコウ》あたりは、働かなくてもこうは呼ばれない事が多い。破壊効果だけで十分得をしているという意識故だろうか?

2.《ニュート》の事。名前の響きが似ているというだけでこう呼ばれる不憫なカード。
 かつては下級モンスター代表格だっただけあり、その働きぶりは現在においてもニートとはほど遠い。