《ガーディアン・エアトス》

効果モンスター
星8/風属性/天使族/攻 2500/守 2000
「女神の聖剣-エアトス」が自分のフィールド上に存在する時のみ、このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。
メインフェイズに、相手の墓地に存在するモンスターカードを3枚までゲームから除外できる。除外した枚数×200ポイント、
このカードの攻撃力はアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。
フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた時、デッキから「ガーディアン・デスサイス」1体を守備表示で特殊召喚する事が出来る。  

風属性・天使族の最上級モンスター。
「ガーディアン」の1体であり《女神の聖剣-エアトス》存在時のみ召喚・反転召喚・特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。
メインフェイズに相手の墓地のモンスターカードを3枚まで除外し、攻撃力を上げる起動効果を持つ。

「ガーディアン」では《ガーディアン・グラール》と並ぶ高い攻撃力を持つ。
最上級モンスターであり生け贄の確保が難しい「ガーディアン」での召喚は難しい。

墓地のモンスターを除外して攻撃力を上げる能力は強力で、このカードがフィールドに居座る限り相手の墓地モンスターの利用を封じる事が出来る。
上がった攻撃力もリセットされることはないので積極的に効果を発動していこう。

このカードが破壊された場合に、《ガーディアン・デスサイス》を特殊召喚する事が出来るため、
実質的にはこのカードの召喚に成功しただけで後続の最上級モンスター1体の召喚も約束されたようなものである。
よってアドバンテージ的にはお得であるため、破壊される事を恐れずこのカードを召喚していきたい。


確実な方法ではないが《二百十日》で特殊召喚するのもいいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
闇遊戯VSラフェール戦にてラフェールが使用。
原作では自分の墓地にモンスターが存在しないときに生け贄無しで召喚できた。
また《女神の聖剣-エアトス》を破壊することで相手の墓地のモンスターを全て除外し、除外したモンスターの攻撃力の合計分の攻撃力を得るという強烈な効果を持っていた。
効果により闇遊戯の墓地のモンスターを全て除外し攻撃力を10000ポイントにアップさせ、デュエルに幕を下ろした。

関連カード